中京記念、アイビスサマーダッシュ回顧

 

まずは先週の中京記念から

勝ったのはスマートオリオン。

同馬というと、1200mのイメージが強かったが、

それを綺麗に払拭された。

過去3年の勝ち方、或いは馬券のなり方を見ると、

スマートオリオンは相当マイル適性が高いのではないだろうか。

というのも、フラガラッハやサダムパテックなどもどちらかというと

マイルで短いタイプの馬。

それに対してスマートオリオンは今回少し距離が長いと思われつつの勝利。

鞍上のデムーロ騎手のファインプレーも相まってより一層

この馬の使い道が広がった。

後はサマーマイルで、同じ戦法なのか、

別戦法を取るのか注目したいところだ。

 

 

続いてアイビスSD
こちらに関しては少し特殊だろう。
上がりが早くなったとはいえ、差しの出番というわけでも、

差し馬の出番というわけでもなく、単純なスピード勝負。

その一因としてあげられるのは、2F目で加速しなかったことである。

元来アイビスSDは2F目で10秒切ることも多々あるレースなのだが、

ああいうだらだらする競馬になると、

2013年ハクサンムーンのように非常に考えが難しいレースとなる。


加えて今回のように有力馬が外枠に連なってるとなると

さらに厳しいレースになることは考えられただろう。

レース前は難解な一戦だったが、

終わってみればスピード決着であった。

PR