新潟2歳ステークスを振り返る

新潟2歳ステークスは近年、ジャスタウェイ、ハープスター、イスラボニータを輩出し

 

注目度は上がった2歳戦となったが、今年も大物が表れた。

 

 そう、ロードクエストだ。

 

馬なりで4馬身差の快勝で、しかも逃げたのではなく、最後方から他馬は嫌う内を通り抜け出したのだから相当強い。

 

直線で田辺騎手がムチを取り出した時には、完全に抜け出しており、進路を変えるだけだった。

 

他馬が嫌う馬場の悪い内から上がり32秒の脚を使えたことは能力が高いことの何よりの証明となる。

 

過去、上がり32秒台の脚を使ったのは

シンメイフジ、モンストール、ジャスタウェイ、ハープスター、ロードクエストの5頭。

 

タフな稍重だった馬場状態を考えると、期待が高まる一方だ。

父マツリダゴッホは4歳暮れに有馬を勝ってから本格化を迎えた馬で、

 

早熟とはいえず、成長がみこめる血統だけに今後も目が離せない。

 

  • プライドをかけた戦い!
  • 天下統一
  • PR