関東オークス予想検討

 

中央交流はどうしても紛れが少なく、

点数をどう絞るか。ここに尽きるだろう

 

アルビアーノの参戦で盛り上がる

関東オークスだが本命はホワイトフーガ。

芝から来てる馬、さらに脚質が前からというのは、

今の時計がかかる川崎で2100m

3コーナーまですぐのスタートという

アドバンテージを含めても痛手になる可能性もある。

ホワイトフーガは後ろからの戦法となる可能性もある。

もちろん距離不安がないわけではないが

それはアルビアーノも同じである。

であれば妙味を含めこちらに本命を打ちたい。

ポムフィリアを相手取りワイド1点。

これで中央交流は見守りたい。

 

 

 

 

 

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家S氏

地方競馬(南関東競馬)を中心に予想、馬券購入をする予想家。

馬場を中心に地方競馬ならではの情報を駆使し、予想を展開する。

————————————————————————————–

 

PR