• 無料で楽しみながら当てる!

毎日王冠予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)人気

1~5番人気の人気馬が(7-6-4-33)複勝率34.0%、複勝回収率68%。6~10番人気の中穴が(3-2-5-40)複勝率20.0%、複勝回収率106%。11番人気以下の大穴が(0-2-1-26)複勝率10.3%、複勝回収率111%。 人気馬の複勝回収率68%は低水準だが、1番人気が(4-2-1-3)複勝率70.0%、複勝回収率104%と好成績。2~5番人気が低回収率なだけで、1番人気には信頼が置けそう。 11番人気以下の大穴の回収率が100%を超えているように、波乱度は高めと言ってよいだろう。GIでも主役級の馬が数多く出走するレースだが、休み明けのたたき台として出走する馬もいるだけに能力の高さだけではなく仕上がり具合にも注意が必要。

(2)枠番

1~5枠の成績が(6-6-8-50)複勝率28.6%、複勝回収率142%。対して6~8枠が(4-4-2-49)複勝率16.9%、複勝回収率34%。内枠がよいというよりは、外枠が不振。 6番人気以下で馬券になった13頭のうち、12頭が1~5枠からの発走。基本的に外枠は軽視でよい。

(3)年齢

3歳馬が(2-3-0-6)複勝率45.5%、複勝回収率230%、4歳馬が(3-4-3-17)複勝率37.0%、複勝回収率81%。 5歳馬が(3-2-1-34)複勝率15.0%、複勝回収率62%。6歳馬が(1-1-3-17)複勝率22.7%、複勝回収率75%。7歳以上の高齢馬が(1-0-3-25)複勝率13.8%、複勝回収率107%。 複勝率で見れば、若い馬の方が好成績となっている。

(4)【特注】前走エプソムC

前走がエプソムカップだった馬が(3-0-2-7)複勝率41.7%、複勝回収率168%と好成績。前走GI馬が数多く出走する中での「前走エプソムカップ(G3)」は見劣りするところだが、逆に不当に人気を落として穴馬となっている。 特に近2年で出走した3頭はいずれも馬券になっており(ルージュバック、ヒストリカル、エイシンヒカリ)、特に近年に顕著な傾向。

割引要素

距離延長馬

前走から距離延長ローテの馬が(2-6-0-39)複勝率17.0%。 同距離が(3-0-4-14)複勝率33.3%、複勝回収率124%、距離短縮ローテが(5-4-6-46)複勝率24.6%。 成績的に、前走が1800m以下だった馬の成績がひと段階見劣る。

サトノアラジン

前走安田記念を制した同馬。基本的に距離延長が不向きなレースである点でマイナス。 また、次走は秋の天皇賞を予定しており、距離が2000mになることを踏まえてかなり慎重な乗り方にならざるを得ない可能性が高い。 中距離路線の一線級相手に大外一気はさすがに厳しいものがあると思われるが…。

各種データ

人気データ
1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (1-1-0-8)
3番人気 (0-1-0-9)
4番人気 (2-1-0-7)
5番人気 (0-1-3-6)
6番人気 (1-1-0-8)
7~9人 (2-1-3-24)
10人以下(0-2-3-34)


年齢
3歳 (2-3-0-6)
4歳 (3-4-3-17)
5歳 (3-2-1-34)
6歳 (1-1-3-17)
7歳上(1-0-3-25)


性別
牝馬 (1-2-0-3)
牡・セン(9-8-10-99)


枠順
1枠(1-0-3-8)
2枠(2-1-0-10)
3枠(0-1-2-11)
4枠(2-3-1-9)
5枠(1-1-2-12)
6枠(1-3-1-14)
7枠(2-0-0-18)
8枠(1-1-1-17)


所属
美浦(4-2-6-43)7.3% 10.9% 21.8%
栗東(6-8-4-56) 8.1% 18.9% 24.3%


脚質
逃げ(1-3-1-6)
先行(2-2-2-27)
差し(5-3-5-34)
追込(2-2-2-32)


前走
エプソムC (3-0-2-7)
安田記念 (1-3-0-21)
札幌記念 (1-2-0-6)
宝塚記念 (1-1-3-10)
ダービー (1-1-0-2)
NHKマイルC (1-1-0-1)
QE2世C (1-0-0-1)
関屋記念 (0-2-0-4)
それ以外 (1-2-5-51)



出馬表

木曜日に更新予定です。

本紙の見解

 木曜日に更新予定です。

好調教馬



オークス
大阪杯
中山記念
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
関係者も買う馬券情報を無料で公開してくれる優良サイト。


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★


確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?

PR