11/18 マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップの予想に役立つ過去データと傾向2018年版~毎年①人気が不振で②③人気が好走。富士S上位人気組にも注目~

攻略ポイント

(1)人気と配当

①人気は(1-3-2-4)で悪くないが、過去5年で連対圏に入った馬は一頭もおらず、17年のイスラボニータが5着に敗れており、以前より信頼度は落ちている。一方②人気は全体では(1-3-1-5)で①人気に劣るが、13年以降は(1-3-0-1)と近年好走が続いている。同様に(1-2-0-7)の③人気の馬券に絡んだ三頭はいずれも13年以降で、②③人気の台頭が目立つ。また勝率トップなのが(4-0-1-5)の④人気で、17年ペルシアンナイトも勝利を収めている。馬連平均配当は5158円と中穴程度だが、12年以降から①〜④人気以外から連対したのは14年⑧人気ダノンシャークだけ。近年は10〜20倍台が主流となっており、穴馬の台頭はあまり期待できない。

(2)ステップ

(3-4-1-44)の富士S組が出走頭数最多で、17年も8頭が出走しワンツーを独占。また、(2-0-1-13)の天皇賞・秋組を筆頭にG1組も(4-1-1-33)で注目したい。特に前走1着なら(2-0-0-0)と抜群の成績で、前走1〜3着に広げても(3-0-1-3)のハイアベレージ。ただしクラシック直行組は(0-0-0-8)で、いきなり古馬相手のG1では歯が立たない。連下で狙いたいのがスワンS組で、(1-4-2-33)。優勝は10年⑬人気1着エーシンフォワードだけだが、②③着に絡むことも多く、17年も⑦人気サングレーザーが3着に絡んだ。3着以内30頭中29頭が重賞組で、例外は10年3着ゴールスキーのみ。非重賞組は苦戦しているので基本的に切って問題ない。

(3)富士S組

取捨は至って簡単。前走①~⑤人気を狙え⇒出走頭数の多い富士S組みだが仕分け作業は簡単。まず前走⑥人気以下だった馬は(0-0-0-23)で、能力を評価されていた馬でないとG1の舞台では厳しい。これらを除いて前走①②人気なら(3-2-1-7)、前走③〜⑤人気は(0-2-0-17)なので連軸にするなら①②人気がいい。17年にワンツーとなったペルシアンナイトとエアスピネルも、富士Sではエアスピネルが①人気、ペルシアンナイトが②人気だった。なお着順では6〜9着からも2連対しているので上位人気なら着順が悪くても見限ることはできない。

(4)間隔

使い込まれた馬より、休養明け3戦までが好走⇒休養明け5戦以上が経過している馬は(0-0-2-19)で、2度の3着は海外から遠征してきたサプレザによるもの。つまり日本馬に関しては休養を挟まず5戦以上している馬は馬券に絡んでいないことになる。また4戦している馬も(0-1-2-13)で優勝馬は出ていない。夏を休養に充てて1、2回使ったフレッシュな馬が好走しているので、この中から選ぶようにするのが無難。休養明け初戦も(1-0-1-9)なので、仕上がっていればOK。

(5)波乱の主役

スワンS組は関西馬で、1秒未満の負け組に注目⇒スワンS組みのうち、関東馬は(0-0-0-5)と完敗。一方(1-4-2-28)の関西馬の中には08年⑩人気3着ファイングレイン、10年⑬人気1着エーシンフォワード、17年⑦人気3着サングレーザーと穴馬の姿も多く見られる。この関西馬の中で前走1着馬は(0-1-1-5)と意外に結果を残せていない。また1秒0差以上差をつけられて負けた馬も(0-0-0-5)とすべて2桁着順。穴馬は1秒0差未満で負けた中でから選択。着順に惑わされることなく、あくまでタイム差を基準にスワンS組は考えたい。

割引要素

割引要素①

7歳馬は(0-0-0-14)で掲示板が精一杯。8歳馬は(1-0-0-4)だが、09年①人気1着となったカンパニーは8歳になってからG1初勝利を挙げてG1を2連勝した異色の経歴なので普通は切ってもよい。連対馬20頭中16頭が4・5歳馬から出ているので、この世代を中心に考えるのがベター。3歳馬は強い世代かどうか見極める必要がある。

割引要素②

ディープインパクト産駒が(3-2-3-27)、フジキセキ産駒が(1-1-2-6)と好走している中において、同じサンデーサイレンス系でもマンハッタンカフェ産駒が(0-0-0-7)、ステイゴールド産駒が(0-0-0-4)と共に振わない。他の重賞では好走することも少なくない両産駒だが、ここでは実際がないだけに大幅に割引が必要である。

各種データ

人気データ
1人気 (1-3-2-4)
2人気 (1-3-1-5)
3人気 (1-2-0-7)
4人気 (4-0-1-5)
5人気 (1-0-1-8)
6人気 (0-0-1-9)
7~9人気(1-0-3-26)
10人気以上(1-2-1-85)


性別
牝馬(1-0-3-25)
牡・セン(9-10-7-124)


所属
美浦(1-3-2-50) 1.8% 7.1% 10.7%
栗東(9-7-6-95) 7.7% 13.7% 18.8%
海外(0-0-2-4) 0.0% 0.0% 33.3%


年齢
3歳(1-0-2-30) 3.0% 3.0% 9.1%
4歳(3-5-3-22) 9.1% 24.2% 33.3%
5歳(4-4-4-47) 6.8% 13.6% 20.3%
6歳(1-1-1-32) 2.9% 5.7% 8.6%
7歳(1-0-0-18) 5.3% 5.3% 5.3%


枠順
1枠(1-1-1-17)
2枠(1-1-2-16)
3枠(2-0-1-17)
4枠(1-4-0-15)
5枠(0-1-0-19)
6枠(1-1-0-18)
7枠(1-1-5-22)
8枠(3-1-1-25)


馬番
1番 (1-1-0-8)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-1-1-7)
5番 (2-0-1-7)
6番 (0-0-0-10)
7番 (1-1-0-8)
8番 (0-3-0-7)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-1-0-9)
11番(0-1-0-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-2-6)
14番(0-0-0-10)
15番(0-0-3-7)
16番(2-0-0-8)
17番(0-1-1-8)
18番(1-0-0-8)


脚質
逃げ(1-1-0-8)
先行(1-2-2-30)
中団(6-5-6-64)
差し(2-2-2-47)


枠・馬番・脚質

2コーナー奥のポケット地点からスタートする外回りコース。 最初のコーナーまでは、約700mと長く、先行争いはそれほどなく 枠による有利不利もないとみて良いコース。
広いコースで緩いコーナーのため紛れはあまりありません。 直線は長く、差し追い込みは、33秒台のキレのある馬が台頭。

前走
天皇賞・秋(2-0-1-13)
富士S(3-4-1-44)
スワンS(1-4-2-33)
スプリンターズS(1-1-0-7)
京都大賞典(1-0-0-1)
安田記念(1-0-0-3)
府中牝馬S(1-0-1-8)
毎日王冠(0-1-1-14)
秋華賞(0-0-0-6)
札幌記念(0-0-1-0)
OP特別/1600万下(0-0-1-5)
海外G1(0-0-2-4)


確かな情報と選択

出馬表

出馬表・京都11R マイルチG1 2018年11月18日(日) 5回京都6日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第35回マイルチャンピオンシップ
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝1600m・外 (C)
馬名S替 騎手斤量
1  ステルヴィオ*ビュイッ 56 1
2ペルシアンナイト M.デム 57 1
3 アルアイン*川田将雅 57 2
4   ブラックムーン*浜中俊 57 2
5   ヒーズインラブ 藤岡康太 57 3
6×  ジュールポレール*石川裕紀 55 3
7  ロジクライ*C.デム 57 4
8 ×モズアスコット ルメール 57 4
9   ウインブライト 松岡正海 57 5
10 × ミッキーグローリー*戸崎圭太 57 5
11   ジャンダルム 武豊 56 6
12  レーヌミノル*四位洋文 55 6
13 レッドアヴァンセ 北村友一 55 7
14  エアスピネル 福永祐一 57 7
15  アエロリット*ムーア 55 7
16   カツジ 松山弘平 56 8
17   ロードクエスト*横山典弘 57 8
18 ケイアイノーテック 藤岡佑介 56 8

本紙の見解

◎ペルシアンナイトの連覇

好調教馬

◎モズアスコット
◎アルアイン
◎アエロリット

参考レース①ペルシアンナイト1着、エアスピネル2着、レーヌミノル4着(マイルチャンピオンシップ2017)
参考レース②モズアスコット1着、アエロリット2着、ペルシアンナイト6着(安田記念)
参考レース③ケイアイノーティック1着(NHKマイルC)
参考レース④ロジクライ1着、レッドアヴァンセ3着、エアスピネル4着、ペルシアンナイト5着(富士S)
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
元JRA厩務員、笹原正行氏が監修する無料予想公開中!


確かな情報と選択
完全無料の最強買い目システム!


確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★


確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?

PR