⇒ガガガ競馬ライター/予想家募集中!!

12/2 チャンピオンズカップ

チャンピオンズCの予想に役立つ過去データと傾向2018年版~冬のダート王決定戦を攻略するカギは「前走着順」と「枠順」~

攻略ポイント

(1)人気と配当

00年にジャパンカップダートとして創設。東京ダート2100M→阪神ダート1800M→中京ダート1800Mと、レギュレーションが変転。14年からはチャンピオンズカップに変称されている。ただし、実施時期に大きな変動はないため、過去10年のデータをそのまま採用する。①人気は(4-1-2-3)。着外の3頭中1頭は4着(12年ローマンレジェンド)で、残りの2回は当レースと相性が悪かったコパノリッキー。数字以上に信頼できる。一方、不振を極めるのは(1-0-1-8)の②人気。3着以内の2頭は前年、前々年で馬券に絡んでいたリピーターだった。よって、このタイプ以外は切れる。馬連平均配当は4814円。3桁配当はゼロだが、2万円を越す万馬券もなく、中穴狙いがベター。

(2)ステップ

最重要ステップはJBCクラシック。地方競馬における最高賞金レースで、ダート界のトップレベルが集結するハイレベルな一戦。チャンピオンズカップにもそのまま結びついて、(4-4-5-28)。3着以内30頭中13頭を占めている。これに次ぐのは10年に新設されたみやこS組で(2-2-3-27)だが、18年はJBCクラシックが京都で行われるため、休止となる。3番手は武蔵野S組だが、(2-3-0-26)と、後発のみやこS組より率が悪い。09年以降の好走馬は前走1着馬に限られており、前走2着以下の場合は消しの方向で構わない。なお、14年3着ローマンレジェンドを除く3着以内30頭中29頭は、同年10月以降に最低1戦はレースを消化していた。休み明けの時点で大幅なマイナス材料となる。

(3)JBCクラシック組

本番に直結する前哨戦。馬券対象馬を狙い撃て⇒09年を除けば必ず1頭は馬券に絡んでいるJBCクラシック組。複勝率が32%とレベルが高く、『地方競馬の祭典』と言われるだけのことはある。この組全体からさらに1-3着馬を絞り込むと(3-4-5-13)となり、複勝率は48%にアップする。3着以内13頭中12頭が前哨戦で馬券に絡んだ馬なのだから、実に狙いやすい存在である。完璧を期すなら前走4着馬まで手を伸ばせばいい。(14年1着ホッコータルマエ)

(4)前走着順

本番前の凡走は厳禁。前走着順4着以内が条件⇒JBCクラシックの項でも触れたが、本番前に好走した馬がそのまま上位に来るケースが多く、3着以内30頭中28頭が前走で4着以内に入線していた。G1競争が少ないダートでは、芝のG1よりも強力なメンバーが揃いやすく、勢いのない馬は苦戦を強いられる。例外の2頭、08年1着カネヒキリ、16年3着アスカノロマンは、共に2年前JpnIに好走していたうえ、前走では②人気の支持を集めていた。高評価だった実績馬のみ巻き返しがあり得る。

(5)波乱の主役

中京移行後に大活躍!?内目の偶数枠に熱視線⇒施行場所が中京ダート1800Mになった14年以降、好走馬の馬番は②④⑧番枠という内目の偶数枠が頻発。この3つの馬番で3着以内9頭中7頭を占める。偶然といえばそれまでだが、ここまで傾向が顕著に現れてくると狙いたくもなってくる。その中でも特筆すべきは④番枠に入った馬。14年は⑧人気ナムラビクター、15年は⑫人気サンビスタ。そして、16年は⑩人気アスカノロマンと、いずれも波乱の主役となり、7万円以上の配当になった3連単に貢献している。これらは関西馬、左回りダート1800Mの重賞で連対歴という共通点があった。毎年、④番枠に入るとは限らないものの、②⑥⑧番枠に当たる可能性は十分にある。

割引要素

割引要素①7歳以上の高齢馬

年齢別に見ると、5・6歳馬が強く、中京開催時の過去3年の3着以内9頭中8頭を占める。一方、7歳以上の高齢馬は過去10で(0-1-1-25)と苦戦を強いられ、過去3年は(0-0-0-9)と全滅。前年馬券に絡んだリピーターの14年⑤人気5着のワンダーアキュート、15年④人気14着ローマンレジェンドといった上位人気馬も含まれている。

割引要素②逃げ馬

10、11年はトランセンドが逃げて連覇を達成したが、それ以降の逃げ馬は壊滅状態。12、13年は09年の覇者エスポワールシチーが主導権を握ったものの、あえなく失走して⑩⑦着。15年は①人気コパノリッキーが7着に完敗した。ただし、4コーナーで2番手につけていた馬は、過去3年で3頭馬券に絡んでおり、先行馬が不利と考えるのは早合点だ。

各種データ

人気データ

1人気 (3-2-2-3)
2人気 (1-0-1-8)
3人気 (1-2-1-6)
4人気 (1-0-0-9)
5人気 (0-2-1-7)
6人気 (2-1-0-7)
7~9人気(1-3-2-24)
10人気以上(1-0-3-63)

性別

牝   (1-0-0-9)
牡・セン(9-10-10-118)

所属

美浦(1-1-1-22) 4.0% 8.0% 12.0%
栗東(9-9-9-98) 7.2% 14.4% 21.6%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-6) 0.0% 0.0% 0.0%

年齢

3歳(0-2-2-18) 0.0% 9.1% 18.2%
4歳(3-1-1-29) 8.8% 11.8% 14.7%
5歳(4-3-2-31)10.0% 17.5% 22.5%
6歳(3-3-3-23) 9.4% 18.8% 28.1%
7歳(0-1-2-26) 0.0% 3.4% 10.3%

前走

JBCクラシック(3-4-4-31)
JBCレディスクラシック(1-0-0-2)
JBCスプリント(0-0-1-7)
武蔵野S(2-2-0-25)
マイルCS南部杯(2-0-0-4)
OP特別(0-1-1-5)
1600万下(0-0-0-1)

前走間隔

連闘(0-0-0-1)
2週(0-1-0-4)
3週(1-2-0-22)
4週(5-6-6-57)
5~9週(4-1-3-38)
10~25週(0-0-1-5)
半年以上(0-0-0-0)

確かな情報と選択

出馬表



出馬表・中京11R チャンピG1

2018年12月 2日(日) 4回中京2日目 15頭 [15:30発走]

【11R】  第19回チャンピオンズカップ

3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) ダート1800m
















































馬名S替 騎手斤量
1 アンジュデジール 横山典弘 55 1
2×ルヴァンスレーヴ*M.デム 56 2
3 × パヴェル グティエ 57 2
4  アポロケンタッキー*小牧太 57 3
5 ノンコノユメ 内田博幸 57 3
6  アスカノロマン 太宰啓介 57 4
7  サンライズノヴァ 戸崎圭太 57 4
8  ケイティブレイブ 福永祐一 57 5
9 ×サンライズソア*モレイラ 57 5
10   センチュリオン*吉田隼人 57 6
11 オメガパフューム*C.デム 56 6
12   ウェスタールンド*藤岡佑介 57 7
13  ミツバ 松山弘平 57 7
14   ヒラボクラターシュ*四位洋文 56 8
15  インカンテーション 三浦皇成 57 8

本紙の見解

◎サンライズノヴァ


好調教馬

◎インカンテーション

◎ノンコノユメ

◎アポロケンタッキー

参考レース①ルヴァンスレーヴ1着
参考レース②ケイティブレイブ1着、オメガパフューム2着、サンライズソア3着、ノンコノユメ4着
参考レース③アンジュデジール1着
参考レース④ノンコノユメ1着
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
元JRA厩務員、笹原正行氏が監修する無料予想公開中!


確かな情報と選択
完全無料の最強買い目システム!

確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★

確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?