⇒ガガガ競馬ライター/予想家募集中!!

1月14日 京成杯

京成杯の予想に役立つ過去データと傾向2018年版~意外にも信頼度が高い①人気複勝率70%なら外せない~

攻略ポイント

(1)人気と配当

①人気は(3-3-1-3)と複勝率70%。意外にも信頼度は高い。
一方、ほかの上位人気は②人気(3-0-2-5-)、③人気(1-1-1-7)、④人気(0-0-2-8)、と勝率、連対率共に人気順にダウン。
①~③人気同士の決着は3回あり、出走馬のレベルによって、本命か穴かを見極めることが重要。馬連平均配当は3622円。

(2)ステップ

連対馬のステップは全10レースある。
最多タイはホープフルステークス組、エリカ賞組、未勝利組の3連対だが、百日草特別、葉牡丹賞をエリカ賞と同等に見れば、芝1800~2000Mの500万下特別組?6連対で最多となる。
なお、朝日杯FS組?2連対は中山施行時代のもので、G1に昇格したホープフルステークスと朝日杯FSは傾向の変化がみられるかもしれない。

(3)距離実績

厳寒期の中山芝2000Mはよほどのスローペースにならない限り、上りがかかりスタミナも要求される。
一介のマイラーのスピードや瞬発力だけでは通用しない舞台設定。
なので、距離の経験有無は要チェック最低限でも芝1800M以上での勝ち鞍は欲しいところだ。

(4)穴パターン

穴パターンはいくつかあるが、そのひとつは前走未勝利組。
例えば13年は雪のため順延されたが、前走未勝利組の⑦⑨人気の馬が??着。11年の⑧人気で2着のデボネアも同様。
この時期の3歳戦は1勝馬も2勝馬も、500万下とオープンはほとんど力差がないと考えるのが自然で、人気の盲点になりやす前走未勝利組は必ずチェック。

割引要素

割引要素①キャリア2戦以下&5戦以上

連対馬20頭中17頭がキャリア3~4戦で、これより多くても少なくても苦戦を強いられている。
特にキャリア1戦の新馬組は買えず、昨年も2頭が??着に敗退。

割引要素②休み明け&前走1月に出走

3着以内30頭の前走をみてみると、最多が12月の19頭で、次位が11月の8頭。
実に27頭が11月~12月の間に出走していて、10月は2頭、1月は2頭と激減し、9月以前は皆無。

各種データ

人気データ

1番人気 (3-3-1-3)

2番人気 (3-0-2-5)

3番人気 (1-1-1-7)

4番人気 (0-0-2-8)

5番人気 (2-2-0-6)

6番人気 (0-0-1-9)

7~9人 (1-3-2-24)

10人以下(0-1-1-57)

性別

牝馬  (0-0-0-9)

牡・セン(10-10-10-110)

枠順

1枠(1-0-2-12)

2枠(0-2-1-14)

3枠(1-1-2-13)

4枠(1-2-1-15)

5枠(3-1-0-16)

6枠(2-1-2-15)

7枠(0-0-1-19)

8枠(2-3-1-15)

所属

美浦(5-5-7-83) 5.0% 10.0% 17.0%

栗東(4-5-3-36) 8.3% 18.8% 25.0%

地方(1-0-0-0) 100.% 100.% 100.%

脚質

逃げ(0-1-1-8)

先行(4-1-2-31)

差し(6-5-2-43)

追込(0-3-4-37)

マクリ(0-0-1-0)

前走

重賞(1-7-2-31)

ホープフルS(0-1-1-9)

朝日杯FS(1-1-0-7)

東京スポーツ杯2歳S(0-2-1-3)

京都2歳S(0-1-0-1)

OP特別(3-0-2-19)

500万下(5-1-3-29)

未勝利(1-2-1-14)

新馬(0-0-1-15)

前走間隔

連闘(0-0-0-3)

2週(0-0-1-9)

3週(2-3-4-35)

4週(1-2-1-32)

5週~9週(5-4-4-33)

10週~25週(2-1-0-7)

半年以上(0-0-0-0)

確かな情報と選択

出馬表

金曜日に更新予定です。

本紙の見解

金曜日に更新予定です。


好調教馬

参考レース①葉牡丹賞(ジェネラーレウーノ1着)
参考レース②未勝利戦(コズミックフォース1着)
参考レース③新馬戦(デルタバローズ1着)
参考レース④札幌2歳S(ダブルシャープ3着)
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
元JRA厩務員、笹原正行氏が監修する無料予想公開中!


確かな情報と選択
完全無料の最強買い目システム!

確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★

確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?