⇒ガガガ競馬のリニューアルについて

1/6 シンザン記念

シンザン記念の予想に役立つ過去データと傾向2019年版~穴は内枠の巨漢馬?~

攻略ポイント

(1)人気と配当

①人気は(3-0-1-6)と勝率はマズマズだが、2着はなく軸にはしづらいところ。まだ(3-2-0-5)と連対率50%を誇る②人気の方が信頼できる。⑥人気以下の伏兵が8頭も
連対しており、馬連平均配当は6343円と高め。以前は上位人気が勝って2着がヒモ荒れしていたが、16、17年は⑧人気が勝利。傾向が変化しつつある。

(2)騎手

浜中騎手は過去10年で8回騎乗して(4-0-1-3)で勝率は驚異の50%!①人気でも2勝しているが、⑦⑧人気の伏兵も勝利に導いており、騎乗馬は人気の有無に関係なくマ
ークが必要となる。また騎乗した16、17年は共に馬券に絡んでいるミルコ・デムーロ騎手にも要注意。

ステップ

中心は(3-2-1-22)の朝日杯FS組。特に前走で4着以内に入っていれば(2-1-0-1)。G1で健闘している有力馬は高い確率で好走している。ほかで注目したいのは(2-2-0-8)
の千両賞組。15年以降は3年続けて連対馬を輩出しており、存在感を強めている。前走新馬・未勝利組も5頭が馬券に絡んでおり軽視はできない。

(4)前走距離

マイル重賞らしく、前走1600M出走組が(8-6-5-57)ときっちり結果を出している。また前走1800M出走組は(1-2-0-12)と出走頭数は少ないが連対率はマイル組を凌ぐ数
字。一方、前走1200、1400、2000M出走組は12年以降3着が最高となっており、評価を下げたい。

割引要素

割引要素①前走重賞組で当日⑥人気以下

朝日杯FSを筆頭に前走重賞組が結果を残しているが、前走重賞組でも当日⑥人気以下だった馬は、(0-0-0-24)。強敵に挟まれた経験は重要だが、ある程度の支持
を集めていないと好走は難しい。

割引要素②関東所属騎手

関東所属騎手の成績は(0-0-0-13)とさっぱり。17年は柴田大知騎手が騎乗した③人気のトラストが4着。勝算あっての西下であっても、実際は結果がでておらず
上位人気であっても手を出せない。

各種データ

人気データ

1番人気 (3-0-1-6)

2番人気 (3-2-0-5)

3番人気 (0-1-2-7)

4番人気 (1-1-1-7)

5番人気 (0-1-1-8)

6番人気 (0-0-1-9)

7~9人 (3-4-0-23)

10人以下(0-1-4-56)

性別

牝馬  (1-1-1-10)

牡・セン(9-9-9-111)

枠順

1枠(2-2-1-10)

2枠(1-2-2-12)

3枠(2-1-2-13)

4枠(2-2-1-14)

5枠(1-0-1-18)

6枠(0-1-1-18)

7枠(1-0-1-19)

8枠(1-2-1-17)

所属

美浦(1-1-0-12)  7.1% 14.3% 14.3%

栗東(9-9-10-109) 6.6% 13.1% 20.4%

脚質

逃げ(2-1-1-6)

先行(5-3-4-26)

差し(1-4-4-45)

追込(2-2-1-44)

前走

重賞(4-4-2-31)※地方重賞除く

朝日杯FS(3-2-1-22)

東京スポーツ杯2歳S(1-0-0-1)

京王杯2歳S(0-1-0-1)

OP特別(0-1-2-12)

500万下(4-3-5-38)

未勝利(2-1-0-29)

新馬(0-1-1-7)

前走間隔

連闘(0-0-0-0)

2週(3-2-3-20)

3週(3-1-3-47)

4週(2-2-3-26)

5週~9週(2-5-1-19)

10週~25週(0-0-0-9)

半年以上(0-0-0-0)

確かな情報と選択

出馬表

本紙の見解


好調教馬

参考レース①デイリー杯2歳(ハッピーアワー3着)
参考レース②ベゴニア賞(アントリューズ1着)
参考レース③千両賞(マイネルフラップ1着)
参考レース④新馬戦(ゴータイミング1着)
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
元JRA厩務員、笹原正行氏が監修する無料予想公開中!


確かな情報と選択
完全無料の最強買い目システム!

確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★

確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?