先週の新馬戦勝ち馬評価

宝塚記念もあり注目度が高かった日曜阪神。

その新馬戦を勝ち上がったのはポルトフォイユだった。

 

5馬身差というのは衝撃度は高いだろう。

もちろんディープインパクト産駒の得意な

阪神1800ということもあるだろう。

しかし、兄のポルトドートウィユや

叔父であるルーラーシップをはじめこの一族の弱点は、

勝つときは何馬身でもぶっちぎるのだが、

意外と取りこぼしが多い一族というところだ。

今回、100%のパフォーマンスを披露したが、

これがどこでもできる馬ではない。

逆を言い返すと、直線距離がある程度確保されている

右回りだと高い確率で高いパフォーマンスを発揮する。

エアグルーヴとの子孫の正しい付き合い方はなかなか難しい。

他に気になったところで言えば、

ウインクレドは前評判通り距離を試す意味合いでの出走となり

結果はこの距離では長いというところだろう。

1200mに出てきた際には注目したい。

カシノエイシ(九州産馬)には流石に荷が重い舞台だったが、

小倉での九州産馬同士の争いであれば十分通用するタイプだ。

PR