• 無料で楽しみながら当てる!

アーリントンカップ予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)上位人気は拮抗で、ヒモ穴も警戒

過去10年の1~5番人気は【8.6.4.32】という成績。勝ち馬の80%を占めているが、1、2、4、5番人気がそれぞれ2勝ずつとなっており、差はほとんどない。2着馬は9~12番人気が4頭おり、ヒモ穴も要警戒。3着馬の60%は6番人気以下であり、こちらも穴狙いには適している。

(2)斤量57キロ馬の実績を吟味

斤量別成績は56キロの馬が【9.8.9.86】。すべて牡馬で、出走馬の大半が該当する。しかし、57キロの成績の方が【1.2.1.7】で好走確率は高い。該当馬はシンザン記念を制したミッキーアイル、朝日杯FSで連対したアルマワイオリ、ローレルゲレイロ。残るは京王杯2歳を制し、朝日杯FSが5着だったマイネルレーニア。並の重賞・OP特別実績馬はすべて敗退しているのが特徴。なお、牝馬の54キロは【0.0.0.6】、55キロの出走は過去10年ではない。

(3)前々でレースを運べる馬が有利

脚質別成績は逃げ馬が【3.0.2.5】、先行馬が【3.6.2.23】、差し馬が【3.3.2.36】、追い込み馬が【1.1.4.34】。すべてのタイプから勝ち馬が出ており、逃げ馬の複勝率は50%ある。2着馬は先行馬が最も多い。どこからでも狙えるが、どちらかというと前々でレースを運べる馬が有利。

(4)前走1400~1600m組が大半

前走距離別成績は1600m組が【5.8.5.41】、1400m組が【4.1.2.26】。好走馬の大半が前走1400~1600mを使っていた。基本的には芝のレースだが、前走京都ダート1400mを使っていた馬が【2.0.0.6】となっており注意。前走1800m組は【1.0.3.18】で、その内きさらぎ賞組が【1.0.2.5】。前走1200m組は【0.1.0.5】だが、好走馬は前走500万クラスの京都ダート1200mで3着だったキョウエイバサラが11番人気で激走している。

割引要素

中1週以内の馬

前走からの間隔が中1週以内の馬は【0.1.2.27】で苦戦傾向にある。

各種データ

人気データ
1番人気 (2-2-0-6)
2番人気 (2-1-0-7)
3番人気 (0-2-2-6)
4番人気 (2-0-1-7)
5番人気 (2-1-1-6)
6番人気 (1-0-2-7)
7~9人 (1-2-3-24)
10人以下(0-2-1-36)


枠順
1枠(2-0-0-10)
2枠(0-2-2-9)
3枠(0-2-3-8)
4枠(2-2-0-12)
5枠(0-0-1-16)
6枠(2-2-0-14)
7枠(0-2-2-16)
8枠(4-0-2-14)


所属
美浦(1-1-2-16) 5.0% 10.0% 20.0%
栗東(9-9-8-81) 8.4% 16.8% 24.3%
地方(0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%


脚質
逃げ(3-0-2-5)
先行(3-6-2-23)
差し(3-3-2-36)
追込(1-1-4-34)
マクリ(0-0-0-1)


前走
重賞(4-5-6-28)
├きさらぎ賞(1-0-2-5)
├シンザン記念(2-3-3-5)
└朝日杯FS(0-2-1-9)

OP特別(2-2-0-15)
500万下(4-3-3-40)
未勝利(0-0-0-9)
新馬(0-0-1-4)



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1    カロス*池添謙一
2 2ディバインコード 柴田善臣
3 3 キョウヘイ 高倉稜
4 4   レヴァンテライオン*岩田康誠
5 5    ジョーストリクトリ*武豊
5 6    リンクスゼロ*松若風馬
6 7  ナンヨーマーズ*ルメール
6 8ペルシアンナイト M.デム
7 9ミラアイトーン 武幸四郎
710    スーパーモリオン 幸英明
811   ヴゼットジョリー*川田将雅
812レッドアンシェル*浜中俊

本紙の見解

前走のシンザン記念は早目に前を捕らえに行って3着の◎ペルシアンナイト。良馬場で持ち味の末脚を発揮できる。
相手には前走ハイペースでも2着確保した○ディバインコードが本線。穴はマイル適性高いルメール騎乗の△ナンヨーマーズ。

好調教馬

◎8 ペルシアンナイト
◎2 ディバインコード
◎9 ミラアイトーン

シンザン記念
阪神ジュベナイルフィリーズ
ジュニアカップ
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

PR