フェブラリーステークス予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)近2年は堅めの決着

過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【4.1.2.3】。一昨年のコパノリッキーら最多の4勝をあげ、連対率50%・複勝率70%。2番人気馬は【1.2.2.5】で昨年のモーニンが勝利している。以下、3番人気馬が2勝、6・7・16番人気馬が1勝ずつ。16番人気馬の勝利は14年のコパノリッキー。ただし、10番人気以下の激走はこの1回のみと少ない。 配当面では12~14年まで3年続けて馬連万馬券と波乱となっていたが、一昨年は人気順で1→5→3番人気、昨年も2→1→7番人気で決まり、近2年は堅めの決着でおさまっている。

(2)複勝率が高い川崎記念・東京大賞典組

前走レース別成績は、川崎記念組が【1.3.2.7】。09年サクセスブロッケンが勝利し、連対率30.8%・複勝率46.2%と高い。3着以内に好走した6頭はすべて前走の川崎記念で3着以内に入っていた。 また、東京大賞典組は【1.3.3.8】。08年ヴァーミリアンが勝利し、連対率26.7%・複勝率46.7%とこちらも優秀だ。この組の3着以内馬7頭中5頭は過去にダートグレードG1で勝利した経験があった。これら前走地方の川崎記念組・東京大賞典組の複勝率が高く、注目だ。

(3)根岸S組は前走1着馬に注目

他の前走レースでは、出走数最多の根岸S組が【2.1.2.50】。昨年のモーニンら2勝も、連対率5.5%・複勝率9.1%と低い。この組は前走1着馬に注目。前走根岸S勝ち馬は【1.1.2.4】で昨年のモーニンが勝利し、複勝率50%と高い。なお、前走2着以下で好走したのは12年1着テスタマッタ(前走3着)のみで、苦戦傾向にある。 また、13年グレープブランデー、一昨年コパノリッキーと2勝をあげているのが東海S組で【2.1.1.7】。昨年3着のアスカノロマンも該当し、複勝率36.4%と健闘している。これら3着以内馬4頭はすべて東海Sで3着以内に入っていた。 最後にチャンピオンズC組は【0.1.1.1】。勝ち馬こそ出ていないが、一昨年ベストウォーリアが3着、昨年はノンコノユメが2着に入っている。

(4)距離短縮組が好成績

前走距離別成績は、阪神開催時のジャパンカップダートを含む前走1800m組が【6.3.3.32】。一昨年のコパノリッキーら過半数の6勝をあげており、昨年も2・3着馬がこの組だった。 また、東京大賞典組を含む前走2000m組が【1.3.3.11】、川崎記念の前走2100m組が【1.3.2.7】。これら距離短縮組が【8.9.8.55】で、連対率21.3%・複勝率31.3%と好成績をあげている。 対して、距離延長組は【2.1.2.66】と苦戦傾向。3着以内馬5頭はすべて前走根岸S組だった。なお、前走1200m組は【0.0.0.5】、前走同距離の1600m組も【0.0.0.8】で、3着以内馬が出ていない。

割引要素

7歳以上で前走5番人気以下

7歳以上で前走5番人気以下の馬は【0.0.0.26】と苦戦傾向にある。

各種データ

人気データ
1番人気 (4-1-2-3)
2番人気 (1-2-2-5)
3番人気 (2-2-2-4)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-2-0-8)
6番人気 (1-0-0-9)
7~9人 (1-2-3-24)
10人以下(1-0-0-68)


年齢
4歳 (3-3-1-29) 8.3% 16.7% 19.4%
5歳 (5-2-3-15)20.0% 28.0% 40.0%
6歳 (2-1-4-34) 4.9% 7.3% 17.1%
7歳上(0-4-2-51) 0.0% 7.0% 10.5%


性別
牝馬  (0-0-0-8)
牡・セン(10-10-10-121)


枠順
1枠(1-0-1-18)
2枠(2-2-1-15)
3枠(0-1-2-17)
4枠(0-2-0-18)
5枠(0-1-3-15)
6枠(2-0-1-17)
7枠(2-3-0-15)
8枠(3-1-2-14)


所属
美浦(0-2-1-22)  0.0% 8.0% 12.0%
栗東(10-7-9-100) 7.9% 13.5% 20.6%
地方(0-1-0-7)  0.0% 12.5% 12.5%


脚質
逃げ(1-0-0-9)
先行(6-4-2-27)
差し(2-2-7-48)
追込(1-4-1-44)


前走
チャンピオンズC(2-1-2-5)※2014年までのJCダート含む
川崎記念 (1-3-2-7)
東京大賞典(1-3-3-8)
根岸S   (2-1-2-50)
東海S   (2-1-1-7)
OP特別  (1-0-0-11)
1600万下 (0-1-0-1)



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1 サウンドトゥルー*柴田善臣
1 2   ホワイトフーガ 蛯名正義
2 3 ゴールドドリーム M.デム
2 4  コパノリッキー*武豊
3 5 アスカノロマン 和田竜二
3 6モーニン*ムーア
4 7    ブライトライン*石橋脩
4 8   デニムアンドルビー*内田博幸
5 9ベストウォーリア 戸崎圭太
510カフジテイク*津村明秀
611ノンコノユメ ルメール
612   ニシケンモノノフ 横山典弘
713   エイシンバッケン 岩田康誠
714   キングズガード 藤岡佑介
815    ケイティブレイブ*幸英明
816    インカンテーション 藤岡康太

本紙の見解

混戦ながら東京ダート1600mベストの◎ゴールドドリーム。武蔵野Sが好内容で前走からの巻き返し十分。差し切り期待。
昨年覇者で調教が良かった○モーニンが相手筆頭、追い込み鋭い▲カフジテイクは3番手まで。穴は前行けそうな△アスカノロマン。

好調教馬

◎6 モーニン
◎9 ベストウォーリア
◎10 カフジテイク

チャンピオンズカップ
根岸ステークス
東海ステークス
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!
      確かな情報と選択
      関係者も買う馬券情報を無料で公開してくれる優良サイト。

PR