• 無料で楽しみながら当てる!

クイーンカップ予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)堅めの決着が多い

過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【4.2.1.3】。昨年のメジャーエンブレムら最多の4勝をあげ、連対率60%・複勝率70%と高い。2番人気馬は【3.1.3.3】で、一昨年のキャットコインら3勝。以下、4番人気馬が2勝、3番人気馬が1勝。勝ち馬はすべて上位4番人気以内の馬だった。2・3着馬も上位人気馬が多く、10番人気以下の激走は2着1回のみ。上位人気馬で決まるケースが多く、堅めの決着が多い。

(2)キャリア1~4戦の馬が中心

キャリア別成績は、2戦の馬が【3.1.2.17】。一昨年のキャットコインら3勝をあげ、連対率17.4%・複勝率26.1%。3戦の馬が【3.2.1.18】で14年フォーエバーモアら3勝で、連対率20.8%・複勝率25.0%。出走数最多の4戦の馬は【1.5.3.24】で昨年のメジャーエンブレムの1勝のみだが、複勝率では2・3戦の馬を上回る27.3%と高い。また、1戦の馬は【0.1.2.7】で勝ち馬こそいないものの、複勝率30.0%と健闘。これら1~4戦の馬が中心だ。

(3)阪神JF組が好成績

前走レース別成績は、阪神JF組が【3.4.3.13】。昨年のメジャーエンブレムら最多の3勝をあげており、連対率30.4%・複勝率43.5%と非常に高い。この組の3着以内馬10頭はすべてクイーンCで5番人気以内に支持されていた。また、フェアリーS組は【2.1.3.18】で、13年ウキヨノカゼら2勝。この組の3着以内馬6頭はすべて前走のフェアリーSで5着以内に入っていた。

(4)500万下組はマイル戦3着以内に注目

前走クラス別成績は、出走数が最も多い500万下組が【3.2.1.39】。そのうち前走1600mだった組は【2.2.1.18】で、前走1着だった馬は【2.1.0.6】。一昨年のキャットコインら2勝をあげ、連対率・複勝率33.3%と高い。この組の好走馬5頭はすべて前走で3着以内に入っていた。なお、前走500万下組のうち、前走1200m【0.0.0.5】、前走1400m【0.0.0.10】の馬は不振傾向にある。

割引要素

前走未勝利戦だった馬

前走が未勝利戦だった馬は【0.1.0.24】で苦戦傾向にある。

各種データ

人気データ
1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (3-1-3-3)
3番人気 (1-3-0-6)
4番人気 (2-0-2-6)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (0-2-2-26)
10人以下(0-1-0-67)


枠順
1枠(0-2-1-16)
2枠(0-1-3-16)
3枠(4-1-1-13)
4枠(0-0-0-20)
5枠(3-2-2-13)
6枠(1-1-1-17)
7枠(1-2-3-14)
8枠(1-1-0-18)


所属
美浦(8-8-6-95) 6.8% 13.7% 18.8%
栗東(2-2-4-25) 6.1% 12.1% 24.2%
地方(0-0-1-7) 0.0% 0.0% 12.5%


脚質
逃げ(1-0-1-8)
先行(6-2-3-28)
差し(3-5-3-47)
追込(0-3-4-44)


前走
重賞(6-5-7-34)
├阪神JF(3-4-3-13)
└フェアリーS(2-1-3-18)

OP特別(1-1-1-18)
500万下(3-2-1-39)
新馬(0-1-2-7)
未勝利(0-1-0-24)



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1   トーホウアイレス 柴田善臣
1 2    アルミューテン 勝浦正樹
2 3  ハナレイムーン 石橋脩
2 4 コマノレジーナ 江田照男
3 5    サクセスライン 菅原隆一
3 6フローレスマジック*戸崎圭太
4 7   ディヴァインハイツ*内田博幸
4 8レーヌミノル*浜中俊
5 9    ヴィーナスアロー*吉原寛人
510    スズカグラーテ 長岡禎仁
611アエロリット 横山典弘
612  モリトシラユリ 吉田豊
713 スズカゼ 大野拓弥
714   セイウンキラビヤカ*北村宏司
815アドマイヤミヤビ ルメール
816    パフォーム*柴田大知

本紙の見解

前走アルテミスSで東京マイルの適性の高さを見せた◎フローレスマジック。力の要る現在の馬場も合う。
相手本戦は東京替わりで○アエロリット、前走で破った相手強力な▲アドマイヤミヤビ。穴は前走快勝の△スズカゼ。

好調教馬

◎8 レーヌミノル
◎14 セイウンキラビヤカ
◎11 アエロリット

アルテミスステークス
京王杯2歳ステークス
フェアリーステークス
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

PR