• 無料で楽しみながら当てる!

ファルコンステークス予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)3~5番人気が安定

1番人気は【1.0.0.4】とひと息で、2番人気は【2.0.0.3】と、1~2番人気は勝てなければ着外に沈んでいる。3~5番人気が【1.3.3.8】複勝率46.7%と安定して好走し、複勝回収率も148%。6~8番人気は好走なし、9番人気以下の穴馬が【1.2.2.45】と5年で5頭が馬券圏内と健闘している。

(2)1~4枠が中心

枠番別では、1~4枠がいずれも複勝率20%以上で、合計では【3.4.3.30】複勝率25.0%。対して5~8枠は、7枠のみ【2.1.0.12】の3連対だが、5、6、8枠は連対なし。5~8枠の合計では【2.1.2.45】複勝率10.0%と、1~4枠とは差が大きい。

(3)経験豊富な馬に注意

クラシックのトライアルではキャリアが浅めの馬の好走が目立つが、NHKマイルCへ向かう本競走は、4戦以下では【1.1.0.17】と2連対止まり。5~7戦は、出走頭数も多いが【4.3.3.49】と好走馬15頭中10頭を占める。8~9戦でも【0.1.2.7】と、勝ち鞍こそなくても複勝率30.0%で無視は禁物だ。

(4)1600m重賞組が好成績

前走クラス別では、中央の重賞組が【2.3.3.20】複勝率28.6%と安定した成績。オープン特別は【2.0.0.22】だが、15年タガノアザガル、16年トウショウドラフタと、ここにきて連勝を飾っている。500万組は【1.2.2.27】複勝率15.6%。なお、重賞組の好走馬は8頭中7頭が1600m、残る1頭は2000m。オープン特別・500万組は7頭中6頭が1400mで、1頭が1200m。前走のクラスによって、好走馬の距離が異なる。

割引要素

牝馬の出走馬

過去5年の出走馬で牝馬は【0.0.0.10】と苦戦傾向にある。

各種データ

※12年以降の過去5年を対象とする。
人気データ
1番人気 (1-0-0-4)
2番人気 (2-0-0-3)
3番人気 (0-2-1-2)
4番人気 (1-1-0-3)
5番人気 (0-0-2-3)
6~9人 (0-0-1-19)
10人以下(1-2-1-41)


性別
牝馬  (0-0-0-10)
牡・セン(5-5-5-65)


枠順
1枠(2-0-1-7)
2枠(0-1-1-8)
3枠(1-1-0-8)
4枠(0-2-1-7)
5枠(0-0-1-9)
6枠(0-0-0-10)
7枠(2-1-0-12)
8枠(0-0-1-14)


所属
美浦(2-1-1-25)
栗東(3-4-4-50)


脚質
逃げ(0-0-0-5)
先行(1-1-2-15)
差し(2-3-2-31)
追込(2-1-1-24)


前走
アーリント(2-0-2-9)
クロッカス(2-0-0-14)
500万下(1-2-1-13)
朝日杯FS(0-1-1-7)
シンザン記(0-1-0-3)
京成杯(0-1-0-0)
朱竹賞(0-0-1-1)
その他(0-0-0-28)



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1 ラニカイサンデー*北村友一
1 2    ラニカイシチー*小崎綾也
2 3  ジャッキー 内田博幸
2 4  ジョーストリクトリ 武豊
3 5  メイソンジュニア*菱田裕二
3 6    レジーナフォルテ*吉田隼人
4 7    マンカストラップ 江田照男
4 8    デスティニーソング 鮫島克駿
5 9 コウソクストレート*戸崎圭太
510ボンセルヴィーソ 松山弘平
611    ダイイチターミナル*大野拓弥
612ナイトバナレット 中谷雄太
713   マイネルバールマン 柴田大知
714   メイショウオワラ*秋山真一
815 ライズスクリュー 横山和生
816  エントリーチケット*丹内祐次

本紙の見解

デイリー杯2歳S・朝日杯FSと逃げて結果を出している◎ボンセルヴィーソ。距離短縮でさらにスピードを生かせる。
相手本戦は芝1400mベストの○コウソクストレート、差し脚強烈な▲ナイトバナレット。

好調教馬

◎3 ジャッキー
◎12 ナイトバナレット
◎1 ラニカイサンデー

朝日杯フューチュリティステークス
ジュニアカップ
なずな賞
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR