• 無料で楽しみながら当てる!
.

ファルコンSの予想に役立つ過去データと傾向2018年版~距離経験が何より重要。芝1400Mを2勝以上している馬が5連勝中!~

攻略ポイント

(1)人気と配当

芝1400Mへと延長された過去6年の傾向を探る。①人気は(1-0-0-5)と不振だが、②~④人気合計すると(4-4-1-9)で、複勝率が50%と好成績。 ただし、伏兵の台頭も多く、馬連平均配当は9401円と高い。 馬連は3桁配当~10倍台が3回、80倍台が3回に分かれ、中穴と呼べるゾーンがなく、堅いか荒れるかの両極端。

(2)ステップ

主力は(3-3-3-22)のマイル重賞組。1400Mに距離が延長された12年以降の過去6年中5回で馬券圏内に入っている。 クロッカスS組は(2-0-0-15)だが、2勝は稍重と重で行われた年で良馬場の年の成績は全滅。 (1-2-2-32)の500万組は1200M時代より成績が低下。15年以降は(0-0-0-19)と近年は特に苦戦している。

(3)距離実績

芝1400Mで2勝以上がⅤ条件⇒1400Mに延長されたことによって、当該距離での実績が結果に直結している。 芝1400Mで2勝以上を挙げて、ファルコンSに出走してきた馬は(5-0-0-10)。13年から5年連続で勝利を挙げている。 勝率33%、単勝回収率634%と驚異的な成績で、該当場がいれば迷わず軸候補に。

(4)性別

牝馬の好走はいずれも1200M時代に集中しており、1400Mになってからは(0-0-0-15)と全滅。 前の週に同距離の牝馬限定重賞フィリーズレビューが組まれており、このレースに有力馬が出走してくる可能性は低く、事実上買えるのは牡馬だけだと考えてOK。

割引要素

割引要素①前走芝1200M組

前走が芝1200M組だった馬は過去6年で(0-0-1-24)。1200M時代は好走例もあったが、距離変更後は苦戦続き。17年は2戦2勝の⑤人気ジャッキーが12着に大敗した。

割引要素②重賞勝ち馬の単勝

重賞勝ち馬は人気を集めやすいが、(0-2-0-4)と未勝利。①~④人気が計5頭いたことを考えると、やや物足りない。 ①人気の推された12年レオアクティブ、16年シュウジ共に馬券外に沈んでいる。

各種データ

人気データ
1番人気 (1-0-0-5)
2番人気 (2-1-0-3)
3番人気 (1-2-1-2)
4番人気 (1-1-0-4)
5番人気 (0-0-2-4)
6番人気 (0-0-1-5)
7~9人 (0-0-1-17)
10人以下(1-2-1-48)


性別
牡・セン馬(6-6-6-73)
牝 (0-0-0-15)


年齢
3歳のみ


所属
美浦(3-1-1-31) 8.3% 11.1% 13.9%
栗東(3-5-5-57) 4.3% 11.4% 18.6%


脚質
逃げ(0-0-0-6)
先行(1-2-3-16)
差し(3-3-2-38)
追込(2-1-1-28)


前走
重賞(3-4-3-23)
OP特別(2-0-0-24)
500万下(1-2-2-32)
新馬(0-0-0-1)
未勝利(0-0-0-6)


前走間隔
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-5)
3週(2-1-3-22)
4週(0-1-0-11)
5週~9週(3-1-0-32)
10週~25週(1-3-3-18)
半年以上(0-0-0-0)


確かな情報と選択

出馬表

金曜日に更新予定です。

本紙の見解

金曜日に更新予定です。

好調教馬



参考レース①朝日杯FS2017(GⅠ 阪神)(ダノンスマッシュ=5着、フロンティア=8着、アサクサゲンキ=10着、ムスコローソ=13着、ヒシコスマー=15着)
参考レース②ジュニアC(OP 中山)(テンクウ=1着)
参考レース③クロッカスS(OP 東京)(アンブロジオ=2着、ムスコローソ=3着)
参考レース④クリスマスローズS2017(OP 中山)(タイセイプライド=1着)
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
元JRA厩務員、笹原正行氏が監修する無料予想公開中!


確かな情報と選択
完全無料の最強買い目システム!


確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★


確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?

PR