• 無料で楽しみながら当てる!

マーチステークス予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)荒れる傾向が強い

過去9年の人気別成績は、1番人気馬が【1.1.2.5】。09年エスポワールシチーの1勝のみで、連対率22.2%・複勝率44.4%と低い。以下、6番人気馬が2勝、2・3・4・7・8・9番人気馬が各1勝。2着馬は下位人気まで分布しているが、3着馬は7番人気までにおさまっている。馬連での万馬券は07・08・12年の3回。12年には3連単232万1750円の大波乱が出ており、全体的に荒れる傾向が強い。

(2)6~8枠で8勝、特に8枠が4勝

枠番別成績は、大外の8枠に入った馬が【4.2.2.10】。一昨年のマイネルクロップら最多の4勝をあげ、連対率33.3%・複勝率44.4%と非常に高い。また、6枠【3.0.0.14】、7枠【1.0.1.16】で、外目の6~8枠の馬で8勝をあげている。内目の枠では2枠が【1.3.1.13】で、昨年のショウナンアポロンが勝利。なお、最内の1枠に入った馬は【0.0.3.15】で連対馬が出ていない。

(3)前走オープン特別勝ち馬に注目

前走クラス別成績は、前走オープン特別組が【3.5.6.51】。昨年のショウナンアポロンら3勝をあげ、連対率12.3%・複勝率21.5%。この組で前走1着だった馬は【1.3.2.5】。07年クワイエットデイ(前走仁川S1着)が勝利し、連対率36.4%・複勝率54.5%と非常に高い。また、この組の前走2着馬は【0.0.3.4】で連対馬こそ出ていないが、複勝率42.9%と優秀だ。なお、前走オープン特別で10着以下だった馬は【0.0.0.18】と苦戦傾向にある。

(4)前走から斤量増の馬が好成績

前走からの斤量増減別成績は、今回斤量増の馬が【3.5.3.26】。10年マコトスパルビエロら3勝をあげ、連対率21.6%・複勝率29.7%と高い。昨年は2着バスタータイプが該当し、毎年1頭は3着以内に入っている。また、出走数が多い今回斤量減の馬は【4.4.3.58】。昨年のショウナンアポロンら4勝をあげ、連対率11.6%・複勝率15.9%。なお、斤量増減なしの馬は【2.0.3.31】で一昨年のマイネルクロップら2勝も、連対率5.6%・複勝率13.9%と最も低い。

割引要素

最内の1枠の馬

最内の1枠に入った馬は【0.0.3.15】で連対馬なし

各種データ

阪神で行われた11年以外の中山開催の07年以降の過去9年のデータから分析する。
人気データ
1番人気 (1-1-2-5)
2番人気 (1-1-2-5)
3番人気 (1-0-2-6)
4番人気 (1-0-1-7)
5番人気 (0-1-1-7)
6~9人 (5-4-1-26)
10人以下(0-2-0-59)


年齢
4歳 (2-4-2-23)
5歳 (2-0-4-30)
6歳 (3-4-2-28)
7歳上(2-1-1-34)


枠順
1枠(0-0-3-15)
2枠(1-3-1-13)
3枠(0-2-0-15)
4枠(0-1-1-16)
5枠(0-1-1-16)
6枠(3-0-0-14)
7枠(1-0-1-16)
8枠(4-2-2-10)


所属
美浦(3-3-4-45)
栗東(6-6-5-67)
地方(0-0-0-3)


脚質
逃げ(1-1-0-7)
先行(3-3-3-24)
差し(4-4-6-38)
追込(1-0-0-44)
まくり(0-1-0-2)


前走



出馬表


本紙の見解

昨秋から強さを増している◎ロンドンタウン。湿ったダートも得意で、今回も勝機十分だ。
相手本線は本格化が目立つ○コスモカナディアン。穴は内ですんなり先行できそうな△ピットボス。

好調教馬

◎12 ロンドンタウン
◎2 ショウナンアポロン
◎11 コスモカナディアン

総武ステークス
仁川ステークス
佐賀記念

ドバイワールドカップの予想は競馬中毒者の祭典で!!

競馬中毒者の祭典では
ドバイワールドカップデーの
視聴方法から、みどころ、予想まで 公開しています。
観戦の参考にご活用ください!! ▼こちらから▼
ドバイワールドカップ

今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR