• 無料で楽しみながら当てる!

阪神牝馬ステークス予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)昨年は堅めの決着も

過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【2.2.1.5】。14年スマートレイアーら2勝をあげ、連対率40%・複勝率50%。2番人気馬も【2.1.0.7】で昨年のスマートレイアーら2勝。以下、5番人気馬が2勝、4・7・9・11番人気馬が1勝ずつ。昨年は人気順で2→1→5番人気の順で堅い決着となったが、伏兵馬が激走して波乱となる年もある。

(2)4歳馬が過半数の6勝

年齢別成績は、出走数が最も多い4歳馬が【6.6.3.52】。14年スマートレイアーら過半数の6勝をあげ、連対率17.9%・複勝率22.4%。昨年は2着ミッキークイーンが該当し、07年を除いて毎年1頭は3着以内に入っている。5歳馬は【1.3.4.43】で、一昨年のカフェブリリアントの1勝のみ。連対率7.8%・複勝率15.7%と低い。6歳馬は【2.1.3.18】で昨年のスマートレイアーら2勝で、複勝率25.0%でトップだ。なお、7歳以上の馬は【1.0.0.12】で09年ジョリーダンス(当時8歳)の1勝のみと苦戦傾向にある。

(3)複勝率が高い京都牝馬S組

前走レース別成績は、出走数が最も多い京都牝馬S組が【0.4.5.13】。勝ち星こそないものの、複勝率40.9%と非常に高い。一方、中山牝馬S組は【0.1.0.12】で好走したのは09年2着ザレマのみと苦戦傾向にある。なお、前走重賞組では阪急杯組が【1.0.1.8】で09年ジョリーダンス、東京新聞杯組は【1.0.1.2】で昨年のスマートレイアーが勝利している。

(4)前走1600万下3着以内馬に注意

前走クラス別成績は、前走1600万下組が【5.1.1.28】。一昨年のカフェブリリアントら最多の5勝をあげており、連対率17.1%・複勝率20.0%。この組の前走着順別成績は、前走1着馬が【4.0.1.16】で4勝と勝ち切る傾向が強い。この組の3着以内馬7頭はすべて前走で3着以内に入っていた。1600万下組の前走3着以内馬には注意したい。

割引要素

7歳以上の高齢馬

7歳以上の高齢馬は【1.0.0.12】で苦戦傾向にある。

各種データ

人気データ


年齢


枠順


所属


脚質


前走



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1    ウエスタンレベッカ*高倉稜
1 2    クリノラホール 北村友一
2 3クイーンズリング M.デム
2 4    クロコスミア*松若風馬
3 5トーセンビクトリー 武豊
3 6ミッキークイーン 浜中俊
4 7    メイショウマンボ*小牧太
4 8 ジュールポレール 幸英明
B5 9   タッチングスピーチ*和田竜二
510   ヒルノマテーラ*四位洋文
611    アットザシーサイド*福永祐一
612  デンコウアンジュ*蛯名正義
713    エテルナミノル 池添謙一
714    ダンツキャンサー*藤岡佑介
815 デニムアンドルビー*藤岡康太
816 アドマイヤリード*ルメール

本紙の見解

昨年のエリザベス女王杯を制した◎クイーンズリング。休み明けも状態良く、いきなり勝ち負けになる。
相手は連勝で勢いに乗る○ジュールポレール、力上位の▲ミッキークイーンが本線。

好調教馬

◎6 ミッキークイーン
◎9 タッチングスピーチ
◎3 クイーンズリング

エリザベス女王杯
中山牝馬ステークス
飛鳥ステークス
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR