• 無料で楽しみながら当てる!

ニュージーランドトロフィー予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)人気薄の激走に注意

過去10年、1番人気は【4.1.1.4】、2番人気は【2.2.2.4】で、ともに複勝率60.0%とまずまず。しかし3~6番人気は最大で複勝率20.0%、合計【1.4.2.33】同17.5%にとどまる。以下は7番人気【1.1.1.7】などのほか、11番人気以下からも【2.2.2.55】と6頭の好走馬が出ており、人気薄への警戒は欠かせない。

(2)2~3枠好成績、1枠苦戦

阪神で行われた11年を除く9回の枠番別では、2枠が【2.3.3.10】複勝率44.4%と抜群。隣の3枠も【3.1.1.13】同27.8%の好成績だ。9回中7回は、2枠か3枠のいずれか、あるいは両方から連対馬が出ている。しかし同じ内枠でも、1枠は17頭全馬4着以下に終わっている。4~7枠は各2連対、8枠は1連対。

(3)先行勢が安定、追い込みも軽視禁物

同じく中山開催時9回の3コーナー通過順を見ると、先頭だった馬はすべて圏外だが、2~3番手は【4.1.3.14】複勝率36.4%と好成績。4~6番手は【3.2.1.25】同19.4%だが、好走すれば連対まで届く可能性が高い。7番手以下は【2.6.5.66】同16.5%で、好走時は2~3着が多い。15年には1番人気グランシルクが最後方から2着と、小回り中山でも直線一気で間に合う例もある。

(4)前走G2~G3組を中心に

前走クラス別では、G2組が【3.1.2.19】複勝率24.0%で、好走6頭中5頭がスプリングS。好走馬が多いG3組は【5.2.6.52】同20.0%。ただ、ファルコンS組は【2.0.4.24】で連対率では6.7%止まり。それ以外のG3は【3.2.2.28】で連対率14.3%になる。その他、G1は【0.0.0.3】、オープン特別は【0.2.1.15】。このあたりよりは、500万組に【2.5.1.41】と好走馬が多い。500万組の好走8頭中7頭は、前走を1~2番人気で勝ち上がってきた。

割引要素

前走G1だった馬

前走G1だった馬は【0.0.0.3】で好走馬が出ていない。

各種データ

人気データ


性別


枠順


所属


脚質


前走



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1 ナイトバナレット 中谷雄太
1 2 ランガディア*戸崎圭太
B2 3    セイカチトセ*吉田豊
2 4   メイソンジュニア 菱田裕二
3 5    マンカストラップ 江田照男
3 6   ジョーストリクトリ*シュタル
4 7    スズカゼ*吉田隼人
4 8  ダイイチターミナル 大野拓弥
5 9 カリビアンゴールド*田中勝春
510 クライムメジャー*川田将雅
611   ジャッキー*松岡正海
612スズカメジャー 岩田康誠
713   イノバティブ*石川裕紀
714 タイセイスターリー*内田博幸
815タイムトリップ*田辺裕信
816  ボンセルヴィーソ 松山弘平

本紙の見解

前走クロッカスSで差す競馬で結果を出した◎タイムトリップ。今回も溜める競馬で中団からの差し切りに期待。
瞬発力あって2戦2勝の○スズカメジャーが相手本線。穴はファルコンSで脚を余した▲ダイイチターミナル。

好調教馬

◎10 クライムメジャー
◎14 タイセイスターリー
◎12 スズカメジャー

ファルコンステークス
ジュニアカップ
アーリントンカップ
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR