• 無料で楽しみながら当てる!

大阪杯予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)堅めの決着が多い

G2開催だった過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【4.3.2.1】。13年オルフェーヴルら最多の4勝をあげ、連対率70%・複勝率90%と高い。昨年のラブリーデイを除いて、毎年3着以内に入っている。2番人気馬は【2.2.1.5】で、昨年のアンビシャスら2勝。以下、6番人気馬が2勝、3・4番人気馬が1勝ずつ。また、2着馬は9番人気以内、3着馬は8番人気以内におさまっており、10番人気以下の激走はなかった。 配当面では馬連で万馬券となったのは6番人気テイエムアンコールが勝った10年のみ。11年以降の近6年で毎年1頭ずつ5番人気以下の伏兵が好走しているものの、基本的に人気馬が上位を占めることが多い。堅めの決着が目立つ一戦となっている。

(2)4歳馬が過半数の6勝

年齢別成績は、4歳馬が【6.3.3.15】。昨年のアンビシャスら過半数の6勝をあげており、連対率33.3%・複勝率44.4%と非常に高い。昨年は1着アンビシャス、2着キタサンブラックが好走した。5歳馬は【3.4.2.21】で、一昨年のラキシスら3勝。連対率23.3%・複勝率30.0%で4歳馬に次いで高い。 また、出走数が最も多い6歳馬は【1.2.5.25】で、10年テイエムアンコールの1勝のみ。複勝率は24.2%だが、連対率は9.1%と4・5歳馬よりもかなり低い。なお、7歳以上の馬は【0.1.0.29】で2着1回のみと苦戦傾向にある。

(3)中山記念組・有馬記念組が3勝ずつ

前走レース別成績は、中山記念組が【3.2.1.11】。昨年のアンビシャスら3勝をあげ、連対率29.4%・複勝率35.3%。この組の連対馬5頭はすべて前走で4着以内に入っていた。有馬記念組は【3.1.3.10】で一昨年のラキシスら最多タイの3勝をあげ、連対率23.5%・複勝率41.2%。この組の3着以内馬7頭はいずれも大阪杯で5番人気以内に支持されていた。 また、京都記念組は【1.2.2.5】で11年ヒルノダムールが勝利し、連対率30.0%・複勝率50.0%。ジャパンC組は【1.1.1.2】で13年オルフェーヴルが勝利し、連対率40.0%・複勝率60.0%。この2レースは複勝率が高く、注目だ。なお、前走G3のレースだった馬は【0.2.0.29】で勝ち星がなく、前走オープン特別組も【1.0.0.18】で12年1着ショウナンマイティ(前走大阪城S2着)以外は好走馬が出ていない。

(4)前走1着馬は未勝利、2着馬が6勝

前走着順別成績は、前走1着馬が【0.2.3.10】。意外にも勝ち星がなく、2・3着に止まっている。対して、前走2着馬は【6.1.0.12】で、昨年のアンビシャス(前走中山記念2着)ら過半数の6勝と勝ち切る傾向が強い。また、前走3~5着の馬はのべ【3.6.5.17】で連対率29.0%・複勝率45.2%で前走1着馬を上回っている。 なお、前走6~9着の馬は【1.1.1.23】で一昨年のラキシス(前走有馬記念6着)の1勝のみ。前走10着以下の馬は【0.0.1.28】で連対馬が出ていない。

割引要素

関東馬は勝ち星なし

関東馬は【0.4.0.19】で勝ち星がなく、2着4回に止まっている。

各種データ

人気データ
1番人気 (4-3-2-1)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-0-3-6)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (2-1-1-6)
7~9人 (0-3-1-25)
10人以下(0-0-0-31)


年齢
4歳 (6-3-3-15) 22.2% 33.3% 44.4%
5歳 (3-4-2-21) 10.0% 23.3% 30.0%
6歳 (1-2-5-25) 3.0% 9.1% 24.2%
7歳上(0-1-0-29) 0.0% 3.3% 3.3%


性別
牝馬  (2-0-2-5)
牡・セン(8-10-8-85)


枠順
1枠(0-0-0-10)
2枠(0-0-2-9)
3枠(2-2-1-8)
4枠(1-0-1-11)
5枠(1-3-1-11)
6枠(1-1-3-14)
7枠(3-2-1-13)
8枠(2-2-1-14)


所属
美浦(0-4-0-19)  0.0% 17.4% 17.4%
栗東(10-6-10-70) 10.4% 16.7% 27.1%
地方(0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%


脚質
逃げ(1-2-1-6)
先行(3-4-4-27)
差し(3-2-4-34)
追込(3-2-1-23)


前走
中山記念(3-2-1-11)
有馬記念(3-1-3-10)
京都記念(1-2-2-5)
小倉大賞典(0-0-0-5)
海外G1(1-0-0-1)
OP特別(1-0-0-18)
条件戦(0-1-0-3)



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1ミッキーロケット 和田竜二
2 2    アングライフェン*岩田康誠
3 3   スズカデヴィアス 藤岡佑介
3 4ステファノス 川田将雅
4 5キタサンブラック 武豊
4 6    サクラアンプルール 横山典弘
5 7 サトノクラウン M.デム
5 8   ロードヴァンドール 太宰啓介
6 9    ディサイファ*四位洋文
610   モンドインテロ*内田博幸
711   マルターズアポジー 武士沢友
712  アンビシャス*福永祐一
813ヤマカツエース 池添謙一
814マカヒキ*ルメール

本紙の見解

帰国初戦の京都記念でまさかの3着に敗れた◎マカヒキ。レベルの高い現4歳世代でダービー馬に輝いた逸材で、叩いて一変間違いなし。
相手本線は休み明けも力上位の○キタサンブラック、金鯱賞を使って上積みが大きい▲ステファノス。

好調教馬

◎7 サトノクラウン
◎13 ヤマカツエース
◎14 マカヒキ

有馬記念
京都記念
金鯱賞
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR