• 無料で楽しみながら当てる!

大阪杯の予想に役立つ過去データと傾向2018年版~GⅠ昇格後も強い①人気は不変。臨戦過程に変化アリ!~

攻略ポイント

(1)人気と配当

GⅡ時代から①人気が強いレースであったが、GⅠ元年の昨年もキタサンブラックが1着。過去10年で(4-3-2-1)と信頼度はGⅠ屈指ともいえる。 ②人気は(2-1-1-6)と及第点だが、③~⑤人気が1連対ずつと低調。GⅡ時代の傾向を反映して昨年も2着には⑦人気のステファノスが入った。 ただし、馬券圏内は⑨人気までで、2桁人気は96年3着アラタマワンダー以来、21年間馬券圏内には入っていない。馬連平均配当は4882円。 ただし、10年の2万馬券で平均が跳ね上がっており、3桁配当~20倍台が7回と基本的には堅い。また3連単も過去6年は2万台以下の決着となっており、 GⅠ昇格でメンバーレベルが上がったことにより、今後も大波乱はあまり期待できない。

(2)ステップ

有馬記念直行組が(3-1-3-9)で複勝率44%。GⅠ元年の昨年もキタサンブラックが1着。また3着ヤマカツエースも2走前が有馬記念という「隠れ有馬記念組」。 今後は有馬記念出走馬がGⅡ時代以上に強力となりそうだ。 また大阪杯のGⅠ昇格に伴い、新たにステップレースとして組み込まれたGⅡ金鯱賞組は6頭出走で2着ステファノス、3着ヤマカツエースと2頭が馬券に絡み、存在感を示した。 一方、GⅡ時代のステップレースだった(3-1-0-13)の中山記念は2頭の出走で⑤⑬着、(1-2-2-8)の京都記念組は3頭の出走で、④⑥⑦着と全滅。 特に京都記念組は①③着のサトノクラウン、マカヒキが人気を裏切っており、GⅠ昇格により臨戦過程に変化が出た可能性がある。

(3)有馬記念出走馬

初代GⅠ王者を輩出。休養明けも割引にならず⇒初代GⅠ王者キタサンブラックの有馬記念直行組は(3-1-3-9)だが、前走0秒5以内が(3-1-3-1)、前走0秒6以上が (0-0-0-8)と着差で仕分けることができる。また前走1~3着馬は①②①着と信頼度はかなり高くなる。 また有馬記念から1走挟んだ「隠れ有馬記念」も3着以内に4頭いるが、そのうちの3頭は有馬記念で0秒5差以内だった。 なお、GⅡ時代から有馬記念組以外でもジャパンC組が(1-1-1-2)、凱旋門賞組も14年キズナが1着になるなど、前走GⅠの年明け組が好走しており、休養明けはマイナスにならない。

(4)年齢

GⅠ元年は5歳馬が1・3着。今年は4歳馬に要注意!?⇒年齢別で見ると4歳馬(5-3-3-18)、5歳馬(4-3-2-23)が主力となっているが、GⅠ元年の昨年は5歳馬が①③着 に好走したのに対し、4歳馬は④⑦⑭着と馬券圏内に入れなかった。ただし、4歳馬は12年以降必ず偶数年で1着になっており、順番で行えば今年は4歳馬が1着になる年である。 なお、6歳馬は(1-3-5-25)とまずまずの成績だが、7歳以上は(0-1-0-27)と苦戦している。

(5)波乱の主役

過去の戦績から注目したい芝中距離のGⅠ実績⇒(2)ステップで触れたように2桁人気馬の激走は望み薄で、⑤人気ぐらいでも人気薄の範疇に入る。 過去2年で⑤人気以下で連対した2頭の共通点は芝2000MのGⅠで3着以内の実績があった点。 16年⑤人気2着のキタサンブラックは15年皐月賞3着、17年⑦人気2着のステファノスは16年天皇賞・秋3着と共に前年にGⅠ3着以内の実績があった。 15年以前は距離不問で重賞連対実績があれば穴馬の条件をクリアしたが、16年はプレGⅠ的な位置付け、17年はGⅠ昇格元年とメンバーレベルが上がっており、 それに伴い穴馬のハードルも格段に上がっている。

割引要素

割引要素①1~5人気で6歳以上

6歳以上は(1-4-5-52)だが、連対した5頭はすべて⑥人気以下。①~⑤人気で6歳以上は(0-0-4-12)と3着が最高。 ①人気で唯一馬券圏外に敗れた16年ラブリーデイも6歳馬だった。 一方、4・5歳馬は①~⑤人気が(8-5-5-16)、⑥人気以下が(1-1-0-25)と、上位人気馬は好成績を残す反面、穴馬の台頭はあまり期待できない。

割引要素②8枠

8枠は(2-1-2-14)だが、14頭立て以上だった4回に絞ると(0-0-2-6)と連対はゼロ。昨年も②人気マカヒキが4着、④人気ヤマカツエースが3着と連対圏まで一歩及ばず。 今後も例年多頭数になることが予想されるため、8枠苦戦の傾向は続くだろう。また、1・2枠も合わせて(0-0-2-19)。こちらは出走頭数に関係なく走らない傾向。

3連単的中戦術

軸馬の狙い方

①人気で唯一3着を外したのは6歳馬なので、①人気が4・5歳ならば堅軸となる。 加えて有馬記念直行組で0秒5差以内なら信頼度は増し、さらに連対率100%の有馬記念1~3着馬であれば連軸に昇格する。 昨年の1・2着馬は共にGⅠ連対馬。GⅠ昇格で実績のハードルはかなり高くなっているが、実は出走馬中、GⅠで連対していたのは4頭のみだった。

相手馬の狙い方

まずは有馬記念出走組。0秒5差以内ならば買い、0秒6差以上は消しで「隠れ有馬記念組」にも要注意。次に金鯱賞組。 理想的な臨戦過程は金鯱賞が年明け初戦→大阪杯が叩き2戦目。よって金鯱賞の着順は不問。 一方、中山記念組、京都記念組は昨年の結果を見る限り、やや手控えて様子を見たい。4・5歳馬は上位人気で買い、6歳以上は穴人気で買い。

各種データ

人気データ
1番人気 (4-3-2-1)
2番人気 (2-1-1-6)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-0-4-5)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (2-1-1-6)
7~9人 (0-4-0-25)
10人以下(0-0-0-34)


性別
牝馬  (2-0-2-5)
牡・セン(8-10-8-88)


年齢
4歳 (5-3-3-18) 17.2% 27.6% 37.9%
5歳 (4-3-2-23) 12.5% 21.9% 28.1%
6歳 (1-3-5-25) 2.9% 11.8% 26.5%
7歳上(0-1-0-27) 0.0% 3.6% 3.6%


枠順
1枠(0-0-0-10)
2枠(0-0-2-9)
3枠(1-3-1-9)
4枠(2-0-1-11)
5枠(1-3-1-12)
6枠(1-1-2-15)
7枠(3-2-1-13)
8枠(2-1-2-14)


馬番
1番 (0-0-0-10)
2番 (0-0-2-8)
3番 (1-2-0-7)
4番 (0-1-2-7)
5番 (2-0-0-8)
6番 (0-2-11-7)
7番 (1-2-1-6)
8番 (2-1-2-5)
9番 (2-0-0-7)
10番(0-0-0-9)
11番(2-1-0-6)
12番(0-0-0-7)
13番(0-1-1-2)
14番(0-0-0-4)
15番(0-0-1-0)
16番(0-0-0-0)


:
所属
美浦(0-3-0-24)  0.0% 11.1% 11.1%
栗東(10-7-10-69)10.4% 17.7% 28.1%


脚質
逃げ(1-1-1-7)
先行(3-5-4-24)
差し(3-2-4-37)
追込(3-2-1-25)


前走
有馬記念(3-1-3-9)
中山記念(3-1-0-13)
京都記念(1-2-2-8)
ジャパンC(1-1-1-2)
凱旋門賞(1-0-0-0)
アメリカJCC(0-1-1-2)
金鯱賞(0-1-1-4)
中日新聞杯(0-1-0-10)
小倉大賞典(0-0-0-5)
中京記念(0-0-0-6)
OP特別(1-0-0-15)
条件戦(0-1-0-3)


前走間隔
連闘(0-0-0-2)
2週(0-0-0-0)
3週(0-2-1-18)
4週(1-0-0-13)
5週~9週(4-5-2-32)
10週~25週(4-3-7-24)
半年以上(1-0-0-4)


確かな情報と選択

出馬表

出馬表・阪神11R 大阪杯G1 2018年 4月 1日(日) 2回阪神4日目 16頭 [15:40発走]
【11R】  第62回大阪杯
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)
馬名S替 騎手斤量
1 アルアイン 川田将雅 57
2 ウインブライト 松岡正海 57
3   ゴールドアクター*吉田隼人 57
4サトノダイヤモンド*戸崎圭太 57
5   サトノノブレス 幸英明 57
6×シュヴァルグラン*三浦皇成 57
7   スマートレイアー*四位洋文 55
8  スワーヴリチャード M.デム 57
9  ×ダンビュライト*浜中俊 57
10   トリオンフ*田辺裕信 57
11 ペルシアンナイト*福永祐一 57
12   マサハヤドリーム*北村友一 57
13 ミッキースワロー 横山典弘 57
14  メートルダール*松山弘平 57
15 × ヤマカツエース 池添謙一 57
16   ヤマカツライデン*酒井学 57

本紙の見解

◎シュヴァルグラン
ジャパンカップでのパフォーマンス。中山での安定感からこれを推す。 スワーブリチャードは右周りでパフォーマンス一息&外枠で。

好調教馬

◎アルアイン

◎ペルシアンンアイト

◎スワーヴリチャード

参考レース①金鯱賞(GⅡ 中京)(スワーヴリチャード=1着、サトノノブレス=2着、サトノダイヤモンド=3着、ヤマカツエース=4着、メートルダール=8着)
参考レース②京都記念(GⅡ 京都)(アルアイン=2着)
参考レース③中山記念(GⅡ 中山)(ウインブライト=1着、マルターズアポジー=3着、ペルシアンナイト=5着)
参考レース④AJCC(GⅡ 中山)(ダンビュライト=1着、ミッキースワロー2着、ゴールドアクター=11着)
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
元JRA厩務員、笹原正行氏が監修する無料予想公開中!


確かな情報と選択
完全無料の最強買い目システム!


確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★


確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?

PR