• 無料で楽しみながら当てる!

皐月賞予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)近7年は比較的平穏な決着

東京開催の2011年を含む過去10年(以下も同じ)の人気別成績は、1番人気馬が【2.2.2.4】。13年ロゴタイプら2勝で、連対率40%・複勝率60%。2番人気馬は【1.3.1.5】で、14年イスラボニータが勝利。以下、3・4・7番人気馬が各2勝、8番人気馬は昨年のディーマジェスティが勝利している。 対して、2着馬・3着馬は2ケタ人気まで幅広く分布。07年は7番人気ヴィクトリーが1着、15番人気サンツェッペリンが2着に激走し、馬連9万4630円・3連単162万3250円の大波乱となった。07~09年にかけては3年連続で馬連万馬券が飛び出したものの、近年は上位人気馬が好走するケースが多い。昨年は8番人気ディーマジェスティが勝利したものの、近7年では比較的平穏な決着が続いている。

(2)共同通信杯組は前走上がり2位以内が好成績

前走レース別成績は、共同通信杯組が【4.0.2.4】。昨年のディーマジェスティら近3年続けて勝ち馬が出ており、最多の4勝。連対率40%・複勝率60%と非常に高い。この組は前走での上がり順位に注目。前走上がり最速だった馬は【2.0.0.0】、前走上がり2位だった馬は【2.0.1.1】。これら前走上がり2位以内だった馬がこの組の3着以内馬6頭中5頭を占めている。 また、出走数最多のスプリングS組は【3.2.2.42】。13年ロゴタイプら3勝も、連対率10.2%・複勝率14.3%と低い。この組の3着以内馬7頭はいずれも前走スプリングS5番人気以内で、皐月賞までに芝1800~2000mの重賞を勝利した経験があった。

(3)弥生賞組は重賞勝利実績に注目

トライアルの弥生賞組は【2.5.3.35】。10年ヴィクトワールピサら2勝で、連対率15.6%・複勝率22.2%はスプリングSを上回っている。この組の3着以内馬10頭中9頭は皐月賞までに重賞勝利経験があり、うち8頭は前走の弥生賞で2番人気以内に支持されていた。前哨戦のスプリングS組・弥生賞組は重賞勝利実績に注目だ。 また、若葉S組は【1.3.1.18】で、07年ヴィクトリーが勝利。連対率17.4%はスプリングS組・弥生賞組を上回っている。この組の3着以内馬5頭はすべて前走で連対しており、なかでも前走1番人気だった馬は【1.2.1.2】と好相性を示している。 その他ではきさらぎ賞組【0.0.1.8】、京成杯組【0.0.1.3】からは連対馬が出ておらず、3着止まり。なお、毎日杯組は【0.0.0.13】と苦戦傾向にある。

(4)前走1着馬が8勝も、無敗馬は勝ち星なし

前走着順別成績は、前走1着馬が【8.4.5.47】。ダントツの8勝をあげており、勝ち切る傾向が強い。なかでも前走1番人気で勝利した馬は【6.3.3.11】で、勝率26.1%・連対率39.1%・複勝率52.2%と好成績だ。ただし、過去10年で無敗のまま皐月賞に挑んだ馬は8頭で、皐月賞での成績は【0.1.3.4】。昨年2着のマカヒキが最高成績で、意外にも勝ち切れていない。無敗での皐月賞勝利は05年ディープインパクトまでさかのぼる。 また、前走2着馬は【1.3.2.28】で、一昨年のドゥラメンテが勝利。これら3着以内に好走した6頭中5頭は前走で1番人気に支持されていた。前走4着馬は【1.1.0.7】で、08年キャプテントゥーレ(前走弥生賞4着)が巻き返して勝利している。なお、前走10着以下だった馬は【0.0.0.17】と苦戦傾向にある。

割引要素

前走で1秒以上負けた馬

前走で1秒以上負けた馬は【0.0.0.25】で苦戦傾向にある。

各種データ

人気データ
1番人気 (2-2-2-4)
2番人気 (1-3-1-5)
3番人気 (2-1-2-5)
4番人気 (2-0-2-6)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (0-2-0-8)
7~9人 (3-1-2-24)
10人以下(0-1-1-85)


性別
牝馬  (0-0-0-1)
牡・セン(10-10-10-146)


枠順
1枠(1-1-1-14)
2枠(1-2-0-15)
3枠(1-1-1-15)
4枠(1-0-1-16)
5枠(0-2-1-15)
6枠(0-0-3-15)
7枠(2-1-1-22)
8枠(3-2-1-20)


所属
美浦(4-2-2-54) 6.5% 9.7% 12.9%
栗東(6-8-8-93) 5.2% 12.2% 19.1%


脚質
逃げ(2-0-1-8)
先行(1-4-2-24)
差し(6-2-5-62)
追込(0-3-1-38)


前走
重賞(9-7-9-115)
├スプリングS(3-2-2-42)
├弥生賞(2-5-3-35)
├共同通信杯(4-0-2-4)
├京成杯(0-0-1-3)
├毎日杯(0-0-0-13)
├アーリントンC(0-0-0-4)
├きさらぎ賞(0-0-1-8)
└シンザン記念(0-0-0-3)

OP特別(1-3-1-25)
├若葉S(1-3-1-18)
└すみれS(0-0-0-6)

500万下(0-0-0-7)



出馬表


本紙の見解

共同通信杯で一皮むけたレースぶりを見せた◎スワーヴリチャード。内枠でインで脚を溜める競馬ができれば、直線で弾ける。
相手は前走より良化明らかな○アウトライアーズ、成長著しい▲ペルシアンナイトが本線。△ファンディーナは押さえまで。

好調教馬

◎17 ウインブライト
◎2 スワーヴリチャード
◎8 ファンディーナ

フラワーカップ
共同通信杯
弥生賞
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

PR