• 無料で楽しみながら当てる!

天皇賞春予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)1番人気大苦戦で、波乱傾向が強い

過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【0.0.1.9】。勝ち馬どころか連対馬すらおらず、3着以内に入ったのは08年アサクサキングスのみと苦戦傾向を示している。対して、2番人気は【5.1.1.3】で、昨年のキタサンブラックら最多の5勝。連対率60%・複勝率70%と高い。3番人気馬は【1.4.1.4】で08年アドマイヤジュピタが勝利し、連対率50%・複勝率60%は2番人気馬に次いで高い。以下、4・7・12・14番人気馬が1勝ずつ。2・3着馬も下位人気まで幅広く分布しており、人気薄の激走が目立っている。 配当面では馬連での万馬券は昨年も含めて4回。3連単では14番人気ビートブラックが勝利した12年に145万2520円の大波乱。近3年も20万円以上の配当が続いており、波乱傾向が強い。

(2)日経賞組は前走連対馬が好成績

前走レース別成績は、出走数最多の阪神大賞典組が【3.1.4.47】で一昨年のゴールドシップら3勝。連対率7.3%・複勝率14.5%と低いものの、一昨年の1・3着、昨年の2・3着馬が該当している。この組で前走阪神大賞典で1着だった馬は【2.0.2.6】。3着以内馬8頭中6頭は前走4着以内だった。 また、日経賞組は【3.4.2.43】で13・14年連覇のフェノーメノら3勝をあげており、連対率13.5%・複勝率17.3%。この組は前走日経賞で連対した馬が好成績。前走1着馬は【1.3.0.4】で連対率・複勝率50%、前走2着馬も【1.0.2.6】で複勝率33.3%でともに優秀だ。

(3)大阪杯組には前走3着以内に注目

昨年までG2だった大阪杯組は【3.3.2.10】で昨年のキタサンブラックら3勝で、連対率33.3%・複勝率44.4%と高い。この組は前走3着以内馬に注目。前走大阪杯で3着以内だった馬は【3.2.2.3】で連対率50%・複勝率70%と非常に優秀だ。 その他の組では、少数ながら京都記念組が【1.1.0.3】で10年ジャガーメイルが勝利。また、ダイヤモンドS組は【0.1.0.8】で、一昨年にフェイムゲームが2着に好走している。

(4)リピーター馬に注意

過去10年でメイショウサムソン、マイネルキッツ、ウインバリアシオン、フェノーメノ、カレンミロティックの5頭が複数年で3着以内に好走している。なかでもマイネルキッツは09年1着が12番人気、10年2着が4番人気での好走。また、カレンミロティックも一昨年3着が10番人気、昨年2着が13番人気と人気薄での激走だった。 京都芝3200mの適性を問われるケースが多く、過去に春の天皇賞で好走している馬はチェックしておきたい。

割引要素

G1連対実績がない7歳以上の馬

G1連対実績がない7歳以上の馬は【0.0.0.30】で苦戦傾向。

各種データ

人気データ
1番人気 (0-0-1-9)
2番人気 (5-1-1-3)
3番人気 (1-4-1-4)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (0-0-2-8)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (1-1-0-28)
10人以下(2-2-3-76)


年齢
4歳 (4-2-4-35) 8.9% 13.3% 22.2%
5歳 (3-4-2-38) 6.4% 14.9% 19.1%
6歳 (3-2-2-24) 9.7% 16.1% 22.6%
7歳上(0-2-2-46) 0.0% 4.0% 8.0%


性別
牝馬  (0-0-0-5)
牡・セン(10-10-10-138)


枠順
1枠(5-1-1-12
2枠(0-2-2-15)
3枠(2-0-1-17)
4枠(1-0-1-18)
5枠(0-1-0-19)
6枠(1-1-3-15)
7枠(0-2-1-24)
8枠(1-3-1-23)


所属
美浦(4-2-1-38) 8.9% 13.3% 15.6%
栗東(6-8-8-102) 4.8% 11.3% 17.7%
地方(0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-1-2)  0.0% 0.0% 33.3%


脚質
逃げ(2-0-0-10)
先行(3-6-5-22)
差し(4-4-5-64)
追込(0-0-0-45)
マクリ(1-0-0-2)


前走
阪神大賞典(3-1-4-47)
大阪杯(※G2)(3-3-2-10)
日経賞  (3-4-2-43)
京都記念 (1-1-0-3)
ダイヤモンドS(0-1-0-8)
大阪ハンブルクC(0-0-1-17)
海外G1(0-0-1-2)
1600万下(0-0-0-6)



出馬表


本紙の見解

1番人気が苦戦し、リピーター馬が多く好走している春の天皇賞。昨年の覇者◎キタサンブラックの連覇に期待する。ぶっつけの大阪杯を快勝、今の京都で先行力は大きな武器だ。
相手本線は昨年3着の○シュヴァルグラン。▲サトノダイヤモンドは逆転も十分ありえるが、圏外に敗れるシーンも考えられる。穴は溜めて末伸ばす△レインボーライン。

好調教馬

◎1 シャケトラ
◎15 サトノダイヤモンド
◎9 ディーマジェスティ

大阪杯
阪神大賞典
日経賞
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR