• 無料で楽しみながら当てる!

日本ダービー予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)上位3番人気以内で9勝

過去10年の人気別成績は、1番人気馬が【4.1.2.3】。一昨年のドゥラメンテら4勝をあげており、連対率50%・複勝率70%。対して、2番人気馬は【1.1.0.8】で09年ロジユニヴァースの1勝のみで、連対率・複勝率20%と低い。3番人気馬は【4.1.1.4】で昨年のマカヒキら最多タイの4勝をあげ、連対率50%・複勝率60%と好調だ。これら上位3番人気以内で9勝と勝ち切る傾向が強い。 その他の1勝は10年に7番人気で制したエイシンフラッシュ。勝ち馬と異なり、2・3着馬は下位人気まで幅広く分布している。ヒモ荒れとなるケースも多く、馬連での万馬券は07年・08年・10年の3回。ただし、近2年は3着以内馬がすべて5番人気以内で、堅めの決着が続いている。

(2)皐月賞組は芝中距離の重賞勝利実績が必須

前走レース別成績は、出走数が抜けて多い皐月賞組が【7.6.5.61】。昨年のマカヒキら過半数の7勝をあげており、出走数10頭以上の組では勝率・連対率・複勝率いずれもトップだ。昨年は1~3着すべて該当しており、毎年1頭は3着以内に入っている。 この組は芝中距離の重賞実績に注目。3着以内に入った18頭のうち、皐月賞を含めて過去に芝1800m~2000mの重賞を勝利した経験がある馬が17頭と大多数を占める。唯一該当しなかった11年3着ベルシャザールも芝1800mのスプリングSで連対経験があった。

(3)青葉賞上がり最速で勝った馬が2連対

トライアルの青葉賞組は【0.2.2.23】で、勝ち馬は出ていない。この組の前走1着馬は【0.2.0.8】で、連対した11年ウインバリアシオン・12年フェノーメノはともに前走上がり最速で勝利していた。また、13年3着アポロソニックは前走青葉賞でタイム差なしの2着。14年3着のマイネルフロストは青葉賞6着も、2走前の毎日杯を勝利していた。 京都新聞杯組は【1.1.1.19】で13年キズナが優勝。この組の3着以内馬3頭はすべて前走の京都新聞杯を勝利し、2連勝中と勢いに乗っていた。NHKマイルC組は【1.1.1.28】で08年ディープスカイが勝利しているものの、09年以降の出走馬はすべて着外に敗れている。なお、プリンシパルS組は【0.0.1.11】で、唯一3着に好走したのが09年アントニオバローズ。同馬は重賞初挑戦のシンザン記念で勝利をおさめていた。

(4)前走上がり最速馬&500キロ以上の大型馬に注目

前走上がり順位別成績は、前走で上がり1位だった馬が【6.2.1.25】。昨年のマカヒキら近4年の勝ち馬を含む6勝をあげており、連対率23.5%・複勝率26.5%。3着以内馬9頭はいずれも上記で示したG1かG2を使われていた。 最後にダービー出走時の馬体重に注目。500キロ以上の大型馬は【3.2.6.25】。昨年のマカヒキら3勝をあげ、複勝率30.6%と優秀だ。なお、3着馬6頭中5頭が6番人気の伏兵だった。

割引要素

前走NHKマイルCで4番人気以下

前走NHKマイルCで4番人気以下の馬は【0.0.0.18】で苦戦傾向にある。

各種データ

人気データ
1番人気 (4-1-2-3)
2番人気 (1-1-0-8)
3番人気 (4-1-1-4)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (0-4-0-6)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (1-0-4-25)
10人以下(0-3-1-84)


枠順
1枠(5-2-1-12)
2枠(2-0-3-15)
3枠(1-0-0-19)
4枠(0-3-2-14)
5枠(1-1-1-17)
6枠(0-2-1-17)
7枠(1-1-2-26)
8枠(0-1-0-28)


所属
美浦(2-3-4-48) 3.5% 8.8% 15.8%
栗東(8-7-6-100) 6.6% 12.4% 17.4%


脚質
逃げ(0-1-1-8)
先行(2-3-1-28)
差し(6-5-6-68)
追込(2-1-2-44)


前走
重賞(10-10-9-133)
├皐月賞(7-6-5-61)
├NHKマイルC(1-1-1-28)
├京都新聞杯(1-1-1-19)
├青葉賞(0-2-2-23)
└桜花賞(1-0-0-1)

OP特別(0-0-1-13)
└プリンシパルS(0-0-1-11)



出馬表

調馬名S替 騎手
1 1  ダンビュライト 武豊
1 2    アメリカズカップ 松若風馬
2 3   マイスタイル 横山典弘
2 4スワーヴリチャード 四位洋文
3 5  クリンチャー 藤岡佑介
3 6 サトノアーサー 川田将雅
4 7アルアイン 松山弘平
4 8    トラスト*丹内祐次
5 9    マイネルスフェーン 柴田大知
510  ベストアプローチ 岩田康誠
611ペルシアンナイト*戸崎圭太
612レイデオロ ルメール
713 カデナ 福永祐一
714   ジョーストリクトリ*内田博幸
715  ダイワキャグニー 北村宏司
816    キョウヘイ 高倉稜
817    ウインブライト 松岡正海
818アドミラブル M.デム

本紙の見解

道悪で大きな不利があったシンザン記念以外4戦4勝の◎アルアインの二冠に期待する。速い馬場が得意でレースの流れの乗って、押し切れる。
相手本線は皐月賞で外枠から先行して粘った○クリンチャー。人気はないが、能力は高い。単穴に▲アドミラブル。
穴は△ダイワキャグニー、ニューアプローチの2頭。

好調教馬

◎10 ベストアプローチ
◎13 カデナ
◎12 レイデオロ

皐月賞
青葉賞
毎日杯
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
確かな情報と選択
関係者も買う馬券情報を無料で公開してくれる優良サイト。


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★


確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?


PR