• 無料で楽しみながら当てる!

京都新聞杯予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)1~3番人気で9勝

過去10年、2番人気が【3.3.0.4】連対率60.0%の好成績。1番人気は【3.1.2.4】で複勝率は60.0%、そして3番人気も【3.1.0.6】と、1~3番人気で優勝馬10頭中9頭を占める(残る1頭は5番人気)。人気薄では8~11番人気が計【0.5.3.32】と8頭も好走しており、複勝回収率は117%を記録する。12番人気以下は好走がない。

(2)中~小型馬が高複勝率

20キロきざみの馬体重別で好走馬が多いのは480~498キロの【5.4.5.47】(複勝率23.0%)。ただ、複勝率では440~458キロが【4.1.2.13】35.0%の好成績を残し、その下の420~438キロも【0.2.0.7】22.2%と悪くない。一般的には大型馬のほうが好走確率は高いが、このレースは例外だ。なお、460~478キロは【0.3.3.39】13.3%とひと息。500キロ以上も好走1頭にとどまる。

(3)キャリアは5~8戦

キャリア別では、5戦馬が【7.2.2.20】と優勝馬7頭を出し、複勝率でも35.5%の好成績。6戦馬は【1.5.2.21】と6連対で同27.6%、そして8戦馬も【2.1.0.6】同33.3%。7戦のみ【0.1.1.14】同12.5%だが、おおむね5~8戦馬が好成績だ。9戦以上は好走なし。4戦以下は【0.1.5.50】と連対候補としては厳しく、複勝率も10.7%止まりだ。

(4)重賞組の人気馬か500万2000m以上か

前走クラス別では、重賞が【5.2.4.25】複勝率30.6%。重賞組の好走馬11頭は、今回3番人気以内か前走4着以内だった。また500万組も好走が多く【5.6.4.57】同20.8%。このうち前走が1800m以下の馬は【0.1.3.23】で特に連対候補としては苦しく、2000m以上が中心だ。その他、オープン特別は【0.2.0.6】で、2着2回は若葉S組の今回1~2番人気馬。未勝利戦組は【0.0.2.35】と苦戦している。

割引要素

馬番12番より外の馬

馬番で12番より外は【0.0.2.44】で連対馬なし。

各種データ

人気データ
1番人気 (3-1-2-4)
2番人気 (3-3-0-4)
3番人気 (3-1-0-6)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (1-0-1-8)
6番人気 (0-0-2-8)
7~9人 (0-5-1-24)
10人以下(0-0-2-64)


枠順
1枠(0-1-1-14)
2枠(5-0-1-12)
3枠(2-3-2-12)
4枠(1-2-0-17)
5枠(0-0-1-19)
6枠(2-2-4-12)
7枠(0-2-0-19)
8枠(0-0-1-21)


所属
美浦(0-0-0-2)
栗東(10-10-10-124)


脚質
逃げ(0-0-2-8)
先行(3-5-0-28)
差し(6-4-6-45)
追込(1-1-2-44)
マクリ(0-0-0-1)


前走
重賞(5-2-4-25)
├毎日杯(3-0-1-7)
├皐月賞(2-1-1-7)
├弥生賞(0-0-1-3)
└きさらぎ賞(0-0-1-1)

OP特別(0-2-0-6)
500万下(5-6-4-57)
新馬・未勝利(0-0-2-36)



出馬表


本紙の見解

このレースの勝ち馬サトノラーゼンの半弟◎サトノクロニクルに期待する。瞬発力があり、内枠で脚を溜める競馬ができる。
相手本線は前走でエアウィンザー破った○サトノリュウガ、はなみずき賞勝利の▲プラチナムバレット。以下、△ダノンディスタンス、△ミッキースワロー。

好調教馬

◎11 プラチナムバレット
◎1 カケルテソーロ
◎10 ユキノタイガ

若葉ステークス
はなみずき賞
福寿草特別
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト
無料で楽しみながら当てる!

PR