⇒ガガガ競馬ライター/予想家募集中!!

5月31日 目黒記念

目黒記念の予想に役立つ傾向と過去データ

攻略ポイント

人気

1番人気は(1-3-2-4)で複勝率60%とまずますの成績だが、2番人気(0-1-0-9)と壊滅的な数値で3番人気(2-0-1-7)、4番人気(1-1-1-7)とその他の上位人気馬もぱっとしない成績。

上位人気に並んで、7番人気(1-1-1-7)、8番人気(2-0-1-7)とこの辺りまでは狙える範囲内。
2桁人気の馬の連対も2回あり馬連平均9291円と非常に波乱度が高い。

ここでのポイント
1番人気は信用もそれ以外の上位人気は不振で波乱必須の成績。

前走別成績

主力を形成するのはOP特別のメトロポリタンステークス組で(2-2-3-31)の成績。
昨年は雹の影響で中止となっていたが今年はねらい目だ。

つづいて大阪ハンブルクカップ組が(2-1-0-6)、新潟大賞典組(2-0-1-8)となっている。

また条件戦である1600万下の好走も目立ち(2-3-0-19)とそこそこの成績。
一方で格上の天皇賞春組は(1-1-1-18)と低調で格で判断するのは難しい。

ここでのポイント
前走別での判断は難しいが、天皇賞組は割引とみる。

1600万条件組

1600万条件で18年19年と連対した馬の特徴は前走東京の芝2400mを逃げ・先行で勝利していたこと。
長くタフな直線を早めに動いて勝利していた底力は素直に評価したい。

ここでのポイント
緑風ステークス、早春ステークスの馬の脚質に注目。

ハンデ

勝ち馬が最も多いのは54キロで(4-1-3-30)の成績。
連対率でみると57キロで(2-1-0-8)、55キロ(1-3-2-22)、56キロ(1-3-2-26)の成績だが、58キロになると(1-0-1-8)で苦戦傾向に。

ここでのポイント
狙いやすいのは54キロでここから軸を選んでいきたい。

各種データ

出馬表

データ予想

例年であれば狙いはメトロポリタンステークスも今年は中止となり狙いづらい。そこで新潟大賞典組を狙うことに。
◎ルックトゥワイス
○ムイトオブリガード
▲チェスナットコート
△ブラストワンピース
△アイスバブル
△ゴーフォザサミット
△ポポカテペトル

ガガガ競馬編集部 本紙の予想

こちらから日本ダービーの厳選予想を無料でGET!!

好調教馬

厳選情報が無料でもらえるサイトをご紹介!


ダービーの予算作りはこれで決まり!!

確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?

確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★