⇒ガガガ競馬のリニューアルについて

5月12日 ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイルの予想に役立つ傾向と過去データ

攻略ポイント

人気

1番人気(3-3-0-4)の成績だが、14年以降勝利は無く、信頼度は低い。
2番人気も(1-0-1-8) 3番人気も(0-1-2-7)と成績が振るわず、上位人気は全て信用しにくい状況。

15年には18番人気が馬券にからみ三連単で2000万馬券が飛び出る荒れっぷりだ。
10年のブエナビスタのように絶てい的な存在がいない場合は波乱濃厚といった感じ。

馬連平均11,721円で過去13回の歴史で馬連3桁配当は1度しかない。

ここでのポイント
G1の中でも波乱度がかなり高いレースで大荒れに警戒。1番人気が予想されるアエロリットは休み明けで今年も絶対的な存在がおらず、波乱の可能性が高い。

前走

阪神牝馬ステークス組が(4-4-3-55)の成績で16年以降は馬券に絡んだ9頭中7頭が該当。
16年以降、距離が1600mに変更されたことで結びつきが強いレースとなった。
⇒アマルフィーコースト、カンタービレ、クロコスミア、サトノワルキューレ、ミエノサクシード、ミッキーチャーム、ラッキーライラック、レッドオルガ、ワントゥワンが該当。

過去10年で最も出走頭数が多いのが福島牝馬ステークスだが、(0-2-2-31)と勝ち切るに至っておらず、狙えても相手まで。
⇒デンコウアンジュが該当。

前走1600万下、OP特別組は過去に連対したことが無く、狙えない。
⇒キャナルストリート、サウンドキアラが該当。

ここでのポイント
16年以降の傾向の変化から阪神牝馬ステークス組が有力路線に。

阪神牝馬ステークス組

阪神牝馬ステークス組で、16年以降1~3着に好走していた馬の成績は(1-2-2-4)と半数以上が馬券に絡んでいる、

ここでのポイント
今年、3着以内に好走していた馬はミッキーチャーム、アマルフィーコースト、ミエノサクシード。

年齢

年齢別の成績を見ていくと、(5-7-3-70)の4歳馬が優勢で過去10年で5回優勝。
続いて5歳馬が(3-2-5-47)で続く。

6歳馬は(1-1-2-24)、7歳馬(1-0-0-7)と高齢馬は狙いにくく、6,7歳で優勝したのは連覇したストレイトガールとなっており、普通は狙えない。

ここでのポイント
好走が目立つのが4歳馬。6歳以上は割引対象に。

穴を狙うなら

前年好走馬が再度好走する傾向が強くリピーターには注目。
08,09年のウォッカ、10,11年のブエナビスタ、ヴィルシーナ、ストレイトガールは連覇している。

⇒前年の1~3着馬は不在だが4着のアエロリットには注目。

割引要素

・前走10番人気以下且つ0.3秒以上負け(0-0-0-20)
⇒サトノワルキューレが該当

各種データ

年齢別成績

4歳(5-7-3-70)
5歳(3-2-5-47)
6歳(1-1-2-24)
7歳(1-0-0-6)
8歳(0-0-0-1)

4角位置

4角1番手(1-0-2-7)
2番手以内(2-2-3-16)
3番手以内(3-2-4-25)
4番手以内(4-4-5-33)
5番手以内(5-4-5-39)
7番手以内(6-5-6-59)
10番手以内(8-6-6-86)

枠番

1枠(0-2-4-14)
2枠(1-1-2-16)
3枠(3-0-1-16)
4枠(0-2-0-18)
5枠(0-2-1-17)
6枠(3-0-0-17)
7枠(2-1-1-24)
8枠(1-2-1-26)

馬番

1番(0-0-4-6)
2番(0-2-0-8)
3番(0-0-1-9)
4番(1-1-1-7)
5番(2-0-0-8)
6番(1-0-1-8)
7番(0-1-0-9)
8番(0-1-0-9)
9番(0-0-0-10)
10番(0-2-1-7)
11番(2-0-0-8)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-0-8)
14番(1-0-0-9)
15番(0-0-1-9)
16番(1-2-0-7)
17番(0-0-0-10)
18番(0-0-1-7)

騎手所属

美浦(7-4-5-67)
栗東(3-5-5-76)
外国(0-1-0-5)

調教師所属

美浦(2-2-3-57)
栗東(8-8-7-91)

人気

1番人気(3-3-0-4)
2番人気(1-0-1-8)
3番人気(0-1-2-7)
4番人気(1-0-0-9)
5番人気(1-0-1-8)
6番人気(1-0-1-8)
7番人気(1-1-3-5)
8番人気(1-1-0-8)
9番人気(0-0-0-10)
10番人気(0-0-0-10)
11番人気(1-2-1-6)
12番人気(0-2-0-8)
13番人気(0-0-0-10)
14番人気(0-0-0-10)
15番人気(0-0-0-10)
16番人気(0-0-0-10)
17番人気(0-0-0-10)
18番人気(0-0-1-7)

種牡馬(勝率上位10位)

フジキセキ(2-0-1-2)
スペシャルウィーク(1-1-0-1)
タニノギムレット(1-0-1-2)
ステイゴールド(1-0-0-7)
ディープインパクト(3-2-4-18)
クロフネ(1-2-0-9)
キングカメハメハ(1-1-1-16)
スズカマンボ(0-1-1-2)
ハーツクライ(0-1-0-5)
アグネスタキオン(0-1-0-5)

レース間隔

2週(0-0-0-2)
3週(0-2-2-37)
4週(1-0-1-6)
5~ 9週(9-7-7-91)
10~25週(0-1-0-10)
半年以上(0-0-0-2)

前走着順

前走1着(0-2-3-31)
前走2着(2-1-3-21)
前走3着(0-1-3-8)
前走4着(1-1-0-10)
前走5着(2-0-1-5)
前走6~9着(3-2-0-40)
前走10着~(2-3-0-33)

前走4角位置

4角1番手(0-2-0-7)
2番手以内(1-3-2-16)
3番手以内(3-3-3-24)
4番手以内(4-4-4-41)
5番手以内(4-5-6-56)
7番手以内(4-7-8-76)
10番手以内(6-8-10-109)

前走クラス

同クラス(8-9-9-135)
昇級戦(0-0-1-9)
1600万下(0-0-1-9)
OPEN特別(0-0-0-3)
G3(1-4-4-52)
G2(6-5-4-67)
G1(1-0-1-13)
重賞(8-9-9-132)
牝馬限定(5-8-7-103)
ハンデ戦(1-1-3-23)
特別(8-9-10-144)

前走レース名(勝率上位10位)

DDFG1(1-0-0-0)
DSCG1(1-0-0-1)
産経大阪G2(1-1-1-2)
マイラーG2(1-0-0-5)
高松宮記G1(1-0-1-11)
中山牝馬HG3(1-1-2-10)
阪神牝馬G2(4-4-3-55)
福島牝馬G3(0-2-2-31)
DWCG1(0-1-0-1)
京都牝馬G3(0-1-0-3)

前走距離

同距離(4-3-3-35)
±200以内(7-8-8-122)
±400以内(9-10-10-143)
±600以内(9-10-10-145)
今回延長(2-2-2-54)
今回短縮(4-5-5-59)
500m以上短縮(1-0-0-5)

出馬表

2019年 5月12日(日) 2回東京8日目 18頭 [15:40発走] 【11R】  第14回ヴィクトリアマイル
4歳以上・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m (B)

調 馬名S 替 騎手 斤量
1 1       アマルフィコースト 坂井瑠星 55
1 2   レッドオルガ 北村友一 55
2 3       クロコスミア *戸崎圭太 55
2 4   ノームコア *レーン 55
3 5       メイショウオワラ *秋山真一 55
3 6 ラッキーライラック 石橋脩 55
4 7     ミッキーチャーム 川田将雅 55
4 8       デンコウアンジュ 柴田善臣 55
5 9 プリモシーン 福永祐一 55
5 10       ミエノサクシード 川島信二 55
6 11   アエロリット *横山典弘 55
6 12       ワントゥワン *中谷雄太 55
7 13       サトノワルキューレ *内田博幸 55
7 14     レッツゴードンキ 岩田康誠 55
7 15 カンタービレ M.デム 55
8 16       ソウルスターリング *武豊 55
8 17       サウンドキアラ *田辺裕信 55
8 18       フロンテアクイーン 三浦皇成 55

データ予想

阪神牝馬ステークス組から馬券を構成したい。ただし、6歳以上の成績は振るわないことから、
◎ミッキーチャーム
○アマルフィーコースト
▲カンタービレ
△アエロリット
△ノームコア
△プリモシーン
△レッドオルガ

ガガガ競馬編集部 本紙の予想

◎レッドオルガ
リピーターが多いレースだが昨年の馬券圏内馬の出走はなく、4着のアエロリットも遠征後の休み明けとここを叩いて安田が本線だろう。
ならば、同じ東京1600mで馬券圏内を外したことがないレッドオルガを指名。

昨年の3着馬レッドアヴァンセを始め、レッドオルガ、クラレントとこのコースを走らずしてどこを走るのかという程の血統。

こちらからヴィクトリアマイルの厳選予想を無料でGET!!

好調教馬

◎ラッキーライラック

◎プリモシーン

◎カンタービレ

厳選情報が無料でもらえるサイトをご紹介!

確かな情報と選択
内部告発情報を激白!?

確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★