• 無料で楽しみながら当てる!

京成杯AH予想に役立つ過去データと傾向2017年版

攻略ポイント

(1)人気

近5回で、1~5番人気の人気馬が(4-1-3-17)複勝率32.0%、複勝回収率60%。6~10番人気の中穴が(0-3-2-20)複勝率20.0%、複勝回収率78%。11番人気以下の大穴が(1-1-0-23)複勝率8.0%、複勝回収率75%。 人気馬の複勝回収率60%はさすがに低い数値。波乱傾向が強いレースと言ってよいだろう。

(2)年齢

3歳馬が(2-0-2-6)複勝率40.0%、4歳馬が(1-1-1-7)複勝率30.0%、5歳以上馬が(2-4-2-47)複勝率14.5%と、複勝率では若い馬ほど好走率が高くなっている。 若い馬を狙っていきたいレース。

(3)前走脚質

前走の上がり3Fが1~5位だった馬は(4-2-4-24)複勝率29.4%、複勝回収率98%。 対して6位以下だった馬が(1-3-1-35)複勝率12.5%、複勝回収率50%。 このレースで上位の末脚を使える馬を買いたい。

(4)【特注】距離短縮馬

距離短縮馬が(3-1-0-13)単勝回収率406%、複勝回収率113%。特に勝ち切るタイプは前走で長い距離を走り、早い上がりを出していた馬が多い。

割引要素

外枠

7枠(0-0-1-9)複勝回収率44%、8枠(0-1-0-9)複勝回収率42%と、外枠は人気馬が1頭ずつ走っているだけで不振傾向。 数年前の馬場改修で外不利は少し薄れている印象も、外すぎる枠は不利。

マルターズアポジー

前走の関屋記念で鮮やかな逃げ切り勝ちを決めた同馬。これで重賞は3勝目となったが、過去の勝利時の次走は15着、12着とともに敗退。逃げ馬はノーマークになってこそな面もあるので、前走を過大評価しないように気を付けたい。

各種データ

人気データ
1番人気 (1-0-0-4)
2番人気 (2-1-1-1)
3番人気 (1-0-1-3)
4番人気 (0-0-1-4)
5番人気 (0-0-0-5)
6番人気 (0-2-0-3)
7~9人 (0-1-2-12)
10人以下(1-1-0-28)


年齢
3歳 (2-0-2-6)
4歳 (1-1-1-7)
5歳 (1-1-0-18)
6歳 (0-2-1-18)
7歳上(1-1-1-10)


性別
牝馬 (1-2-0-8)
牡・セン(4-3-4-50)


枠順
1枠(0-1-0-6)
2枠(1-1-0-6)
3枠(0-0-1-9)
4枠(0-1-0-9)
5枠(3-1-1-5)
6枠(1-0-2-7)
7枠(0-0-1-9)
8枠(0-1-0-9)


所属
美浦(5-3-3-31)11.9% 19.0% 26.2%
栗東(0-2-2-29) 0.0% 6.1% 12.1%


脚質
逃げ(0-0-0-7)
先行(1-1-1-16)
差し(3-4-4-19)
追込(1-0-0-18)


前走
朱鷺S (1-0-0-12)
ダービー (1-0-0-1)
新潟日報杯 (1-0-0-0)
七夕賞 (1-0-0-0)
夏至S (1-0-0-0)
関屋記念 (0-2-3-20)
安田記念 (0-1-0-1)
その他 (0-2-2-26)



出馬表

出馬表・中山11R オータムHG3 2017年 9月10日(日)
 4回中山2日目 
16頭 [15:45発走]
【11R】 
第62回
京成杯オータムH

3歳以上・オープン・G3
(ハンデ)(国際)(特指)
 芝1600m (B)
馬名S替 騎手斤量
B1 1   ダイワリベラル*津村明秀 56
1 2ボンセルヴィーソ 松山弘平 54
2 3  ガリバルディ*北村宏司 57
2 4  オールザゴー*坂井瑠星 53
3 5マルターズアポジー 武士沢友 58
3 6グランシルク*田辺裕信 56
4 7  ウインフルブルーム*松岡正海 57
4 8ブラックスピネル*吉田隼人 57
5 9  ウキヨノカゼ*横山典弘 55
510ダノンプラチナ 蛯名正義 58
611  アスカビレン*松田大作 54
612   トーセンデューク*三浦皇成 55
713ダノンリバティ 松若風馬 56
714   ミッキージョイ*内田博幸 55
815   ロサギガンティア*杉原誠人 57
816  マイネルアウラート*柴田大知 57

本紙の見解

◎グランシルク
展開に左右される脚質ながら、毎度馬券にか絡んでいる能力の高さは折り紙つき。

好調教馬

◎グランシルク

◎マルターズアポジー

  

◎ミッキージョイ

関屋記念
中京記念
安田記念
今週の重賞予想で使いたい無料で試せるおすすめ競馬サイト

確かな情報と選択
関係者も買う馬券情報を無料で公開してくれる優良サイト。


確かな情報と選択
無料で買い目を提供中★


確かな情報と選択
エージェントが下す最終決断とは!?

PR