中京競馬場 芝コース別データ 枠順の有利不利と適性脚質

中京芝1200m
高松宮記念で使用されるコース。
前半からペースが速くなりやすいコース形態。スローペースはほとんどなく、スプリント戦ならではの激しい攻防が繰り広げられる。距離的に逃げ~先行馬が有利ではあるが、他場の1200mに比べると差し馬の出番は十分見込める。
枠順による有利不利はいまのところみられない。
中京芝1400m
3コーナーまでの距離が十分あるため、短距離戦の割には先行争いはあまり激しくならない。平均ペースか、少し速い流れのどちらかになる。平均ペースになると逃げ~先行馬は頑張れる。だが、少しでも速くなると厳しくなる。後方から追走して末脚を生かす馬が台頭。
枠順は外枠有利。1枠以外の内枠はかなり苦戦している。
中京芝1600m
斜めの引き込み線からのスタートで、すぐに本線に合流するカーブがあることから、札幌芝1500mや中山芝1600mを連想させるコース形態。しかしながら、外枠が不利ということは全くなく、基本的にはフラットと考えてよい。スタート直後の1ハロンがあまり速くならないため、スローペースになることが多い。平均ペースが最も多く、ハイペースはやや少ない。基本的にはどんな脚質の馬でも活躍ができる舞台。
中京芝2000m
改装によって大きく変貌を遂げたコース。前半のペースがかなり遅くなることが増え、結果としてスローペースの上がり勝負というレースが格段に増えた。全体の半分ぐらいはスローペースと考えてよい。
40%弱が平均ペースで、残りがハイペースというイメージ。ペースが落ち着くと逃げ馬を中心に、前で残る確率が高まる。平均ペースであれば先行馬が有利。その際の逃げ馬と差し馬は互角。 枠は8枠だけが不利。
中京芝2200m
前半から中盤にかけてのペースが速くならないため、全体的にペースは遅くなる。平均ペースが最も多いが、超スローペースになることがあるので注意が必要だ。後半からゴールにかけては一定のラップが続き、そこでのロングスパートが要求される。これは芝2200m特有の競馬。他場でもいいので芝2200mで好走実績がある馬を狙いたい。枠順は芝2000mほどではないが、8枠がやや不利。