フローラステークス回顧

開幕週東京で芝2000mが4鞍行われたが、

フローラSは異様にスローペースに見え

後ろからの戦法の馬には

かなり苦しい戦いとなった。

 

事実上がり3Fはほとんどの馬が

33.8〜34.3に収まっている。

これは勝ち馬シングウィズジョイ鞍上の

内田騎手を褒めるべきだろう。

 

積極的な仕掛けで

ディアマイダーリンをねじ伏せ

勝利をもたらしていた。

 

これまでの内田騎手は

スランプだったのか

信頼度が高くはなかったが、

これを見ると一時期の不振から

脱したのだろう。

また勝ち星を量産しそうだ。

 

 

では馬自体はというと、

クイーンCやアルメリア賞でもそうだったが、

ある程度の切れる脚・長く続く脚はあるのだが、

武器というものがなく、

おそらくこのあと善戦マンのような感じに

なるのではないかと思っている。

もちろん良い意味でも悪い意味でもだ。

次回以降どういう騎乗をするのか楽しみだ。

 

 

ディアマイダーリンは逆に

末脚を活かす形ではなく先行策。

これである程度結果を残せたのは大きな収穫。

晩成型の多いハーツクライ産駒

ということもあって秋以降が楽しみだ。

 

 

しかし、桜花賞組を含め

このフローラS組も

スローでの競馬で結果を残してる馬が多く、

オークスではある程度頭の切り替えが

必要かもしれない。

下手したら桜花賞1〜3着馬を

総切りまで考える必要がある。

 

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家N氏

中央から地方競馬まで広く精通している情報通。

競走馬のレースラップや馬場に着目し、最も期待値の高い馬に印を打つ。

————————————————————————————–

競馬を当てたいあなたへ!!

本気で競馬予想情報会社を調査、検証!!

実際に管理人も的中し、信頼のおける予想会社をご紹介。

今週のターゲットはフローラステークス、マイラーズカップ

無料登録でも役立つ情報盛りだくさん☆

まずは管理人の検証結果を読んでみてください^^

検証①ハイヴォルテージ

検証②高配当21

PR