函館記念 回顧

改めてトウケイヘイローの凄さが浮き彫り出た函館記念、

元々ハイペースにはなりやすいのだが、

今回スタートしてからの1Fは遅かったものの

決して遅いペースというわけではなかった。

勝ったダービーフィズは大前提として

2200〜2400で重賞が取れるようにという意図で

生産された馬であるが今回それが活きた形になった。

 

2000mのハイペースにはスピードもさることながら

ある程度ついていけるスタミナも必要となる。

1着のダービーフィズ2着のハギノハイブリッド。

お互いが良い形で競馬ができたというところだろう。

血統やペースを常日頃考えてる方には取れたのではないか。

マイネルミラノに関してはコーナリングで位置を取ることが多い分

ホームストレッチがどうしてもこうなってしまう。

小回り向きではあるだろうが、コーナリングが上手いということをかんがえると

函館のようにコーナー角度が緩いところではなく、

小倉のコースでもみてみたい。

 

他では注目なのが3着に入ったヤマカツエースだろう。

1・2着馬が短縮のスタミナタイプということを考えると

この馬は少し条件が合わない。

それでも3着と考えるとこれは自力なのか

これもこの馬の好走条件に入るところなのか、

それもしっかりと見極めたい

 

 



無料で試せるおすすめ競馬サイト
  • 関係者情報で当てる!!
  • PR