週末重賞予想検討 皐月賞編

アンタレスS

阪神1800は急坂があり、淀みなく流れるという部分で

瞬発力勝負にはなりづらいと仮定をし、

先行争いが激化し、中盤までそれを引きずり、

最終的に底力が試されると考える予想の元印を打ちたい。

 

 

本命はアジアエクスプレス。

元々オキザリス賞で見せていたように最初の3Fが

35.3という前々が苦しくなる状態からでも

抜け出せる力を持っている。

 

前走はかなり軽視をしていたものの、

今走は重い印を打ちたい。

 

 

対抗はダノンバトゥーラ。

瞬発力が問われる京都コースを使用することが多かったが、

前走同じく急坂があり先行馬にとって

苦しい状態の中すんなりの勝ち。

ここでも似たように粘り腰が発揮できるだろう。

 

 

後は流れ込みの中、

後ろから差せる

マルカプレジオ

不調気配を見せつつある

トウショウフリーク

初Bの

クリノスターオー

辺りを押さえたい。

 

皐月賞

今年ほど印が決まらなかった皐月賞はなかった。

と言うのも、普段であればスプリングSか

弥生賞のどちらかが先行馬に

きつい流れになっており、

スプリングSなどは中間の3Fタイム

=テン・上がりの先行馬は迷わず買えるのであるが、

今年は2戦ともかなりスローな流れで、

さらに共同通信杯組が惜敗。

 

 

中々決まらない中ではあったが

やっと形にすることはできた。

 

 

◎ベルーフ

前走はこの馬には今までなかった

自分から動く展開。

なおかつ今まで通り上がりの

脚だけに頼らず競馬ができた。

わずかに届かなかったが、

これは大きな皐月賞に向けてはプラス。

ある程度流れた場合での中山2000であれば

一番ハマるのはこの馬だろう。

3着までの可能性なら十分見込める。

 

 

◯ダノンプラチナ

おそらく距離延長が向かない

可能性もあるが、

スプリングSでの36.7-38.0-34.5

というラップはおそらく

中団位にいた馬にとっては

一番競馬がしづらい状況だろう

(動きどころが掴めない)

その中での3着。

追い込む脚で言えばすでに

1級品である事は2歳の内から証明済み。

低い評価を受けるのであれば

私は推したい。

 

 

▲サトノクラウン

レースセンスは高く脚も一級品なのだが

、前走はかなり中盤が緩んだ状態での

1着流れた場合を想定して評価を下げた。

 

△ワンダーアツレッタ

テンの3Fが速くなればこの馬にも出番がある。

小数頭のハイペースの中粘り腰の2着。

相手が相手なので鵜呑みにはしづらいが、

チャンスありと見る。

 

 

△ブライトエンブレム

2歳時には皐月賞を取れると思っていた馬。

しかし1800向きの馬ではないかという

疑念もある。評価を下げた。

 

△リアルスティール

皐月賞で一番評価が別れる馬だろう。

私は△にしたい。

スプリングSでは追い込むような形で2着。

おそらく既出のラップでは

一番恩恵を受けた馬だろう。

しかし無印にするには力が足りすぎている。

という部分でこのような形にした

 

 


◎◯→◎◯▲△ ワイドF

 

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家N氏

中央から地方競馬まで広く精通している情報通。

競走馬のレースラップや馬場に着目し、最も期待値の高い馬に印を打つ。

————————————————————————————–

皐月賞を当てたいあなたへ!!

ガガガ競馬管理人が本気で競馬予想情報会社を調査、検証!!

実際に管理人も的中し、信頼のおける予想会社をご紹介。

今週のターゲットは皐月賞

無料登録でも役立つ情報盛りだくさん☆

まずは管理人の検証結果を読んでみてください^^

検証①ハイヴォルテージ

検証②高配当21

PR