京都競馬場ダートコースデータ 有利不利の枠順と脚質

京都ダート1200m
スタート後の200m通過付近から高低差3.0mのなだらかな坂を上る。芝コースと同様に3コーナー入口が坂の頂上で、3~4コーナーの下り坂を経て直線へ。最後の直線は平坦で329m。スタート直後から激しい先行争いが繰り広げられるのは自然。それでも行き切って押し切ることができる。特に500万クラスでは逃げ切り勝ちが多い。逆にクラスが上がるほど逃げ切るのは困難。差しが決まりやすい。追い込みだけはどのクラスでも厳しい。枠順による有利不利はない。
京都ダート1400m
スタート後、200mほど芝の部分を走るので、テンにスピードがつきやすい。前半3ハロンは1200mとほぼ変わらない。ハイペースは必至。ただ、最後の直線が平坦な分、なだれ込みは利く。逃げ馬と先行馬が中心で好走率はほぼ互角も、オープンクラスの方が逃げ馬の好走が多くなっている。外枠に行くほど芝を長く走ることになるが、単純に外枠が有利というわけではない。ほぼフラット見ていいだろう。
京都ダート1800m
前半3ハロンの水準ラップはクラスが上がるごとに速くなるものの、それほど安定しているわけではない。メンバーにより、スローペースからハイペースまでさまざまな展開になる。基本的には逃げ・先行馬が強い。これは全クラス共通。ただ、500万クラスのみまくり差しがよく決まっており、逃げ・先行馬の成績を上回っている。
枠順はやや中枠が良いが、それほど気にする必要はない。
京都ダート1900m
ホームストレッチからのスタートで、流れはダート1800mとほぼ同じ。1コーナーまでのポジション争いが重要で逃げ・先行勢が有利だ。ペースが落ち着くのはバックストレッチに入ってから。そして3コーナー出口付近からペースは上がる。差し、追い込み馬ならここからロングスパートが必要。4コーナーで2番手以内の馬の連対率は40%を超える。枠順による有利不利はない。