京都競馬場芝コースデータ 有利不利の枠順と脚質

京都芝1200m
3~4コーナーのカーブは内回りコースを使用。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦で、Aコース時は328m、B、C、Dコースは323m。最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い。
AコースとBコース時は逃げ・先行馬が圧倒的に有利。Cコース、Dコース時になると、差し馬の台頭が多くなり、連対率は逃げ・先行・差しがほぼ互角になっている。枠順による有利不利はない。
東京芝1600m
NHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、安田記念などが行われるコース。最初の3コーナーまでの直線距離は約542m(Aコース時)。3コーナー手前にさしかかるところで緩い上り坂。3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線に入ると、途中からなだらかな上り坂(高低差2.1m)。枠順による有利不利はないが、多頭数の8枠のみ少し成績が悪い。
京都芝1400m 外周り
スプリンターとマイラー両方どちらもこなしやすい条件で、どちらを選んで買うか、という判断も必要になってくる。脚質的には先行~差しが中心だが、逃げ馬が侮れない。A、B、C、Dコースいずれにおいても逃げ馬の単勝回収率が高い。一発を狙うならば、追い込みよりも断然逃げ切り。
枠順による有利不利はない。
京都芝1400m 内周り
3歳限定の新馬、未勝利、500万クラスのレースのみで使用。好走馬は先行馬と差し馬が大半で、勝率・連対率・複勝率は先行馬が圧倒的にいい。
枠順の有利不利はほとんどない。
京都芝1600m 外周り
3コーナーまでは一直線で距離は約700mもある。内回りより勾配はキツく、高低差は4.3m(内回りは3.1m)になる。最後の直線は平坦で、Aコース時が404m、B、C、Dコース時が399m。勝負どころは直線入り口、内回りとの合流地点。ここで馬群がバラけるので、騎手のコース取りが重要になる。基本的に先行馬有利だが、中団以降に待機する馬もタイトにコーナーを回れば、直線で急浮上というシーンも多い。クラスが上がると、差し、追い込み馬の活躍が多くなる。脚質はAコース時のみ逃げ馬の成績がいい。その他は先行馬か差し馬が大半。枠順の有利不利はないが、多頭数の外はやや厳しい。
京都芝1600m 内周り
外回りの芝1600mよりも左寄りの位置になる。スタートから3コーナーまで、約700m(Aコース時)の長い直線を走る。2歳、3歳限定の新馬、未勝利、500万クラスのレースで使用されている。仮柵の位置にかかわらず逃げ馬の連対率が30%以上ある。追い込みは不利。
枠順による有利不利はほとんどない。
京都芝1800m
スタートから最初のコーナーまでの距離がかなり長いため、前半はゆったり流れるケースが多い。
脚質は先行馬と差し馬が中心。Dコース時のみ逃げ馬の成績が少しいいが、実力馬でないと逃げ切るのは困難だ。追い込みも勝ち切るのは容易ではなく、2、3着が多くなっている。
枠順による有利不利はない。
京都芝2000m
1コーナーまでの距離は約300m。1~2コーナーは平坦。バックストレッチの距離は約400m。最後の直線距離は中央場所の中で中山に次いで短い。は秋華賞が行われる舞台。同レースの水準ラップでは前後半の3ハロンがほぼイーブン。最後の直線は長くないので、悠然と構えてはいられない。4コーナーより手前から仕掛けることになる。小回りの競馬場にも対応できる器用さが求められる。CコースとDコース時の方が逃げ・先行馬が非常に優勢。Aコース・Bコース時の方が差し、あるいはまくりが決まっている。枠順は1コーナーが近いため内枠が有利。特にフルゲートだと外枠はロスが大きくなってしまう。
京都芝2200m
コーナーまでの距離が十分あり、テンから飛ばしていく馬は少ない。よってペースは遅くなりがち。中盤もゆったり進み、3コーナー過ぎ、坂の頂上付近から一気にペースアップ。馬群が縦長でもここで隊列がグッと詰まる。差し、追い込み馬はここでポジションを上げるのがベスト。ロングスパート合戦になる。ラスト3ハロンではなく4ハロンで速い脚が要求される。こうして序盤から構えて、後半勝負という意識がジョッキーにあるので、逃げ馬の動向に注意が必要。
ペースはあまり速くないため、大逃げという状況が生まれることがある。09年エリザベス女王杯を逃げ切ったクィーンスプマンテは典型的。このような例は、その他にもある。逃げ馬は後続を引きつけるよりも、離して逃げた時の方が怖い。全体的にも逃げ・先行馬の活躍が多いコースだ。枠順なよる有利不利はほとんどない。
京都芝2400m
勝負どころは3コーナー過ぎ、坂の頂上付近。そこから徐々にペースアップする。馬場状態がいい時は、ラスト3ハロンすべてで11秒台のラップが刻まれる。京都特有の軽い馬場に適応した、素軽い瞬発力が要求される。通常は先行馬と差し馬が強い。ただし、1~2月開催の時計があまり出ない時期(特にBコース)は、逃げ馬が強い。枠順は内~中枠有利。
京都芝3000m
菊花賞と万葉ステークスのみで使われるコース。
3000mという長丁場だが、スタート直後の直線が短いため、出だしがレース展開の大きなカギを握る。前半は特にポジション取りが重要となり、基本的には好位で内々を回った方が有利。
3コーナーからの長い下り坂を降りるあたりからレースは動き出す。
脚質としては先行・差しが有利。枠は長丁場だけに内々を周れる内枠が若干有利。
京都芝3200m