中山競馬場芝コースデータ 有利不利の枠順と脚質

中山芝1200m
G1レースではスプリンターズステークスが行われるコース。
おむすび型の頂上部分からスタートし、4コーナーまでの坂の高低差は4.5m。
坂を一気に駆け降りる感じになるためテンからスピードが出やすく、コーナーでは外へ大きく振られる。
よって内枠有利、大外枠は不利。
脚質としては先行~差しが有利
中山芝1600m
スタート地点は1コーナー横のポケット地点。
2コーナーまでの距離が短いため、スタート直後の位置どりが大事。
2コーナーを曲がったところから一気に坂を駆け降りる。
高低差が大きい坂を駆け降りるためスピードが一気に上がる。
枠順は内枠が圧倒的に有利で外枠はかなり不利。
脚質は逃げ~先行が有利。
中山芝1800m
スタートしてすぐに上り坂。
内回りコースのためペースは落ち着きやすい。
枠順は内枠有利で、前へ行って主導権を握りたい馬が内枠に入れば、それだけでアドバンテージを得る。
ペースが落ち着き安く、尚且つ最後の直線も短いため、差し馬同士で決まることは少ない。
有利な脚質は逃げ~先行。
中山芝2000m
皐月賞で使用されるコース。
芝1800mコースのスタート地点から200m後ろに下がったところからスタート。
1800mコースと同様にペースは落ち着きやすく脚質は逃げ~先行が有利。
同じく枠順も内枠有利。
ただ1800mコースよりもスタートしてから1コーナーまでが長い分、先行争いが激しくなれば差しも決まる。
中山芝2200m
2000mコースから200m後ろに下がったところからスタート。
1コーナーまでの距離は432m。
2000mコースとあまり差はないが、逃げ馬はよほどペースが緩まない限り辛い。
有利な脚質は先行~差し。
枠順による有利不利はない。
中山芝2500m
有馬記念で使用されるコース。
スタートしてから4コーナーまで192mの坂を下る。
最初のコーナーまでの距離が短いため、スタート直後の位置どりが重要。内回りコースのためペースも緩みやすく、逃げ馬も息を入れやすい。
有馬記念でも顕著に顕れているように逃げ~先行有利。
枠順はやや内枠有利。
中山芝3600m
日本の競馬場で現在最も長いコース。
ステイヤーズステークスのみに使用されている。
正面スタンド前からスタートし、内回りを二周する。最後の直線は310mと短い。
長距離のうえココーナーを8回通過するためペースはスロー。
枠順の有利不利はない。
有利な脚質は先行。