先週の新馬戦勝ち馬評価

新馬戦がスタートして2週目となり、

先週も2日間で5つの新馬戦が行われた。

現3歳世代のGI勝ち馬を見ても

阪神JFショウナンアデラ、

朝日杯FSダノンプラチナ、

桜花賞レッツゴードンキ、

NHKマイルCクラリティスカイと、

夏競馬期間中にデビューした馬が多く勝利しており、

近年重要度が増している夏競馬の2歳戦。

まずは先週土曜東京5R(芝1400m)を

振り返ってみたい。

 

 

スタートから2番手を追走し、

直線では楽に抜け出した新種牡馬アンライバルド産駒の

トウショウドラフタが2馬身半差の快勝。

 

父はネオユニヴァースの初年度産駒で

09年のGI皐月賞を制した。

母ウイッチトウショウは1戦して未勝利だったが、

その母サマンサトウショウはGIIIエプソムカップを制し、

GIマイルチャンピオンシップでも3着となった実績馬。

 

その仔のタバサトウショウは、

ハーツクライなど強力牡馬相手に

宝塚記念などGI3勝の名牝スイープトウショウを産んでいる、

トウショウ牧場の牝系だ。

 

また、血統表を見ていただければ分かりやすいと思うが、

本馬の父母父サドラーズウェルズと

母父母ナンバーは4分3同血であり、

3×3のニアリークロスが成立している。

どちらかというとスタミナ型の父アンライバルドから

1400mで先行できるスピードを持つ本馬が誕生したことは、

牝系と、このニアリークロスの影響が強いのではないか。

地味ながら良血で、配合も面白く将来が楽しみな1頭といえる。

 

 

内を突いて追い込んできた

ダイワメジャー産駒ピュアブリリアントが2着。

GIIIフェアリーステクスを制した

トーセンベニザクラの全妹で、

ハギノリアルキングやアドマイヤモナークという

重賞馬を輩出している牝系。

1400mデビューとなったがマイルは問題なく、

姉同様の活躍を期待したい。

 

つづいて

先週日曜東京5R(芝1800m)を

振り返ってみたい。

 

1番人気のダイワメジャー産駒、

メジャーエンブレムが早め抜け出しで

2着プランスシャルマンの追撃を凌ぎ切った。

父はサンデーサイレンス産駒で

ノド鳴りの手術を乗り越え、

2000m以下のGIを5勝したダイワメジャー。

母キャッチータイトルは

オペラハウス×レインボークストという血統の通り

2000m以上で5勝し、オープンまで出世した。

産駒には同じ本馬と同じ

ダイワメジャー産駒の2頭が勝利を挙げているが、

どちらも1800m以上のみの勝利であり

スタミナに優れた母といえるだろう。

芝に対応できるスピード「軽さ」を兼ね揃えているのは

父の他に父父父ヘイローと母系にあるレッドゴッドや

ポリッシュプレジデントの影響が強いように思える。

本馬も兄同様に堅実な競走生活が送れそうだ。

 

 

 33秒4という上がり最速の末脚を繰り出した

ジャングルポケット産駒、プランスシャルマンが2着。

勝ち馬に負けず劣らずの内容で次走は確勝級ではないだろうか。

ロイヤルレジナを基礎とする、

「重賞勝ち馬は多く輩出しているが重賞は勝てない」牝系で、

最近ではシングウィズジョイが

GIIフローラステークスを制したがオークスでは敗れている。

本馬も善戦マンになりそうな気がしなくもない・・・。

 

 

 2着から4馬身離された3着は

トーセンファントム産駒のハレルヤボーイ。

近親にGIII北九州記念を制したコスモフォーチュンや

GIIIマーメイドステークスを制したコスモプラチナがおり、

小岩井牧場の基礎輸入牝馬の1頭、アストニシメント牝系に属する。

トーセンファントム産駒は先々週も新馬戦で馬券に絡んでおり好調だ。

 

———————————————————————————————–

著者 競馬評論家K氏

血統に詳しく、競馬関連の番組の出演、新聞への記事掲載など活躍中。

ガガガ競馬では新馬戦評価を担当。



無料で試せるおすすめ競馬サイト
  • リーク競馬
  • 関係者が教える馬券とは!!

  • 金馬券
  • 初心者でも大丈夫!!無料情報で20万を狙う!!

  • 天下統一
  • 実際に予想会社は当たるのか、検証しました!!

    PR