東京ダービー予想検討

 

東京ダービーは

素直にストゥディウムから入るのは

ひねりが足らなさそうだ。

 

本日の雨がどの程度かにもよるが、

砂が軽い状態での2日間開催だった大井で、

果たしてそこまですんなりと行くだろうか?

 

事実オウマタイムが

他馬を潰した後の

「ごっつあん差し」のような

形と考えると

多少なりとも疑う。

△程度にとどめておきたい。

 

◎クラバズーカー

◯オウマタイム

2頭とも先に出したのは、

今回2頭とも頭の馬券を

ぜひ推奨したいからだ。

 

オウマタイムは距離に不安があるものの、

前走を考えると流石に

陣営もやり方を変えてくるだろう。

あの強さをどう2000mで活かすのかが楽しみだ。

 

 

そして本命のクラバズーカー

元から競馬の仕方に注文が付くタイプで、

広いコースでの淡々とした流れが

欲しい馬だけに、

今回の舞台はまさに完璧といえる。

 

オウマタイムが3コーナーからの

進出はもうしないだろうと考えると、

極端なペースupもしないはずだ。

 

差し切りがあってもおかしくはない。

という2通りの組み方を想定し、

◎◯→◎◯△ としたい

連下として、

ストゥディウム

ミッドストラーダ

レーザー

パーティメーカーを選択。


左海・森両騎手に全てを託す。

 

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家S氏

地方競馬(南関東競馬)を中心に予想、馬券購入をする予想家。

馬場を中心に地方競馬ならではの情報を駆使し、予想を展開する。

————————————————————————————–

 

PR