安田記念回顧

前走中山マイルでのラスト200mを
10.9という歴史的ラップで
駆け抜けたモーリス。

今回の走りはその歴史的ラップに
恥じない素晴らしい走りだった。

スタートも危なげなくスムーズに運べ、
先行策でのねじ伏せる形であった。

あの究極の末脚に期待する方も多かっただろうが、
ヴァンセンヌのメンバー中最速の33.7を
凌ぎ切ったと考えれば、
ラスト1Fのラップがガクッと落ちる
府中マイルにおいて
この勝利は着差以上に
他馬を圧倒した勝利であった。

今後はモーリスを軸に
マイル界がまわると考えても良いだろう。

2着のヴァンセンヌは
末脚勝負に賭けた感じを考えると
マイルCS向きだろうというのは読める。

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家N氏

中央から地方競馬まで広く精通している情報通。

競走馬のレースラップや馬場に着目し、最も期待値の高い馬に印を打つ。

————————————————————————————–

PR