週末重賞予想検討 安田記念編

全く人気がなくても来てしまい、

反対に人気があっても

平気で飛んでしまうのが安田記念。

自分の信ずる道を進むしかないだろう。

 

本命はヴァンセンヌ

京王杯SCは過去10年で

前半の800mが過去最遅。

さらに、4角まで15番手という

絶望的位置からでの2着。

安田記念を見据え

前走を戦ってたようだ。

それを踏まえての今走である。

1Fの延長は前走を見てるとプラス。

ストロングリターンを

思い出させるよう調整の仕方で、

ここから入りたい。

 

 

対抗はケイアイエレガント。

前走のVMはフロックではないだろう。

最初の200mの他は全て

11秒台での粘り腰2着。

牡馬混合でも

なかなかできない技だろう。

フロックとみて人気を下げられるようなら、

積極的に狙っていきたい。

 

そのほか安定勢力のダノンシャーク。

脚質転換でより一層粘れるようになってきた

ミッキーアイル。

前走ラスト1Fが10.9と

衝撃の足を見せつけた

モーリスなどをチョイス。

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家N氏

中央から地方競馬まで広く精通している情報通。

競走馬のレースラップや馬場に着目し、最も期待値の高い馬に印を打つ。

————————————————————————————–

PR