週末重賞予想検討 天皇賞春

つい4・5年前まで

「天皇賞春は長距離である必要があるのだろうか?」や

「メンバーが揃った阪神大賞典にしか思えない」など

声があった。

しかし近年はオルフェーヴルやゴールドシップ

キズナなどのクラシックホースの参戦でそ

ういった雑音も聞こえなくなった。

 

 

それでも不思議なもので、

最後に1番人気が勝ったのは

ディープインパクトで、以降波乱続出。

 

原因は天皇賞は2周目の坂の下りから

加速する馬が多いが、

勝った馬たちはみな

3〜4コーナーをじっと耐え

直線にかける競馬をしている。

 

 

先にあげた3頭はまさしく、

徐々に加速する形で最後にはスタミナ切れ。

仕掛けのタイミング一つで

結果が違ってくるだけに、

今回のゴールドシップの枠に

ずいぶん展開が左右される。

 

 


本命はラストインパクト。

去年は1周目のゴール板で

かかってしまった。

おそらく馬がゴールと

勘違いしていたのではないか?

(ゴール板過ぎてからは落ち着きを取り戻している)

上がり3Fに全てを賭けるタイプで

ここ5戦中4戦が上がりを

早めにまとめている。

後は仕掛け一つだろう。

勝つ素質はある。

 

 

対抗はアドマイヤデウス。

こちらも日経賞でも待つ競馬。

枠が不運な枠に入ってしまったが、

岩田騎手であれば、

そこまでの大外を回さないはずだ。

あとは本当に我慢できるかだろう。

 

 

単穴にはホッコーブレーヴ

こちらは今回先行策をとるようだ。

末脚を活かす形が良かったのだが、

それでもフェノーメノの競馬と

似ている競馬は出来るだろう。

 

 

過去京都3000m以上で

3回とも複勝圏の

ウインバリアシオン、

あとはカレンミロティックまで入れたい。

 

しかし、

先ほども言ったように

ゴールドシップの位置取りひとつで

大きく変わる可能性は高い。

BOX買いが無難だろう

————————————————————————————-

●コラム担当  ガガガ競馬専属予想家N氏

中央から地方競馬まで広く精通している情報通。

競走馬のレースラップや馬場に着目し、最も期待値の高い馬に印を打つ。

————————————————————————————–

天皇賞春を当てたいあなたへ!!

本気で競馬予想情報会社を調査、検証!!

実際に管理人も的中し、信頼のおける予想会社をご紹介。

今週のターゲットは天皇賞春

無料登録でも役立つ情報盛りだくさん☆

まずは検証結果を読んでみてください^^

検証①ハイヴォルテージ

検証②高配当21

PR