2021年重賞レース一覧と日程【10月】 今週の重賞レース情報

10月11日 マイルチャンピオンシップ南部杯

マイルチャンピオンシップ南部杯の予想に役立つ傾向と過去データ

攻略ポイント

人気

20年はサンライズノヴァが4着に敗れた1番人気だが通算(6-2-1-1)軸馬としての機能を果たしている。2番人気も(2-4-1-3)とまずまずの成績。ただ、3番人気が(0-1-1-8)と低調である。
馬連平均配当は2140円。17年に出た万馬券が数字を底上げしているとはいえ、過去2年は共に20倍台。一時期のガチガチの堅いイメージは完全に薄れている。

前走

秋の古馬ダート戦線、最初のビッグレースということで、上半期を帝王賞で終えた実力馬たちが休み明け初戦に選ぶケースが多い。出走数は最多だが (1-2-2-9)と、決して好成績とは言い難く、先を見据えての叩き台といった感は否めない。それならば、(3-1-4-4)の実績を誇るプロキオンS組を狙ってみたい。複勝率73%というハイアベレージをマーク。

かしわ記念組

左回り、マイル、JpnI と共通点が多いかしわ記念。同年春にかしわ記念に出走したJRA勢は(6-3-4-8)。しっかりと結果にも結びついている。20年の連対馬2頭は、かしわ記念で4.6着と完敗だったが、盛岡のマイルに舞台が替わって覚醒。着順に関係なく注視したい。

関東馬

東日本大震災の影響により、東京競馬場で行われた11年を除く、過去9回において関東馬の出走はのべ8頭だが、(2-2-0-4)と50%の連対率をマーク。17~20年にかけて必ず1頭は馬券に絡む活躍ぶり。サンプル数が少ないとはいえ、関東馬は狙ってみて損はない。

年齢・性別

JRA所属の5歳牡・騙馬は(4-5-2-7)連対率は50%、複勝率は61%という高い数字を残している。上位独占を果たした11年も優秀だったが、過去3年も圧巻の一言。各年、該当馬が1頭しかいなかったにもかかわらず2.1.1着と連対パーフェクト。

無料で情報がもらえる血統にフォーカスした競馬情報サイトはこちら

出馬表

投資競馬の最高峰!!無料予想はこちらから

ガガガ競馬編集部 本紙の予想

◎アルクトス
アルクトスは一昨年2着、昨年勝利が日本レコードで盛岡コースとの相性が抜群。連覇に期待。
○サンライズノヴァ
一昨年の勝ち馬サンライズノヴァ、昨年は僅差の4着でも内容は悪くなかった。最近の成績は今ひとつでも、この馬も盛岡コースなら。

好調教馬


◎ヒロシゲゴールド
◎サンライズノヴァ

 

参考レース

かしわ記念

かしわ記念

さきたま杯

-2021年重賞レース一覧と日程【10月】, 今週の重賞レース情報

Copyright© 無料競馬予想のガガガ競馬 , 2021 All Rights Reserved.