栗東トレセン探訪録

【京都記念】復活したアノ馬でもう一丁

春の大舞台に向けた古馬の始動戦

(※昨年の勝ち馬ラヴズオンリーユー)

今週、日曜の阪神で行われるメインレースは京都記念。京都競馬場改修の影響で阪神で行われる。

 

京都記念的中のヒントを探るべく、栗東トレセンで取材をしていると気になる馬が一頭。

 

マカヒキ

ダービー馬、マカヒキはダービーを最後に勝ち星から遠ざかっていたが、昨年、阪神で行われた京都大賞典で復活を遂げた。

さすがに前走のジャパンカップではスピード競馬に対応できなかったものの、坂のあるタフなコースでは上位に食い込む余地を十分に残している。

最終追い切りの時計は平凡ではあるもの、毛ヅヤはピカピカでフレッシュな状態。

内回りはやや割引な印象もあるが、GIは無理でもGI以外の芝2000m以上の競馬ではデビュー以来全て3着以内という安定感、穴で狙ってみたい。

 

辻の今週の注目レース

今週、注目したいのは日曜日の阪神7R レッドヴァイス

最終追切では、先行したとはいえ、併走のオープン馬を相手に手応えで完全に圧倒した。フットワークが軽快で動きだけなら、いきなり注目できる。

  • この記事を書いた人

栗東担当 辻

ガガガ競馬の栗東取材担当。 競馬を見はじめ、四半世紀・・・気づけばアラフィフトラックマンに。 長年の競馬で養われた感性を武器に、最適解を導き出す。 最近の悩みは娘が口をきいてくれないこと。

-栗東トレセン探訪録