栗東トレセン探訪録

【フェブラリーステークス】ここからドバイへ飛躍を

2022年G1始動戦、フェブラリーステークス

(※昨年の勝ち馬カフェファラオ)

今週、日曜の東京で行われるメインレースはフェアリーステークス。

フェアリーステークス的中のヒントを探るべく栗東トレセンで取材を実施。有力馬の情報をお伝えする。

 

レッドルゼル

レッドルゼルは前走のJBCスプリントを内から鋭く伸びて完勝。

当日の金沢競馬の馬場傾向は内が重く、内から2頭分は不利な馬場状態だった。JBCクラシックで勝利した金沢の名手、吉原騎手も馬場について言及しており確かな情報だ。

そんな中、2着に0.6差の完勝というパフォーマンスは調教師も話している通り、昨年からパワーアップしていることの裏付けになる。

今年は根岸ステークスを使わなかったが、使えばハンデは見込まれて59キロを背負う可能性もあったわけで無理に使う必要はなかった。

 

川田騎手は1,600mは長いと明確にコメントしているが、パワーアップした今なら1ハロンの延長もこなせる余地は十分。

ここを勝利してドバイへ向かうローテーション。まずはJRA G1勝利を目指す。

 

辻の今週の注目レース

今週、注目したいのは土曜日の小倉4R ゼンノインヴォーク

まだ余力のある手応えでラスト1Fは11秒4。馬体を大きく見せて、脚捌きも力強い。立て直した効果が見込める。

  • この記事を書いた人

栗東担当 辻

ガガガ競馬の栗東取材担当。 競馬を見はじめ、四半世紀・・・気づけばアラフィフトラックマンに。 長年の競馬で養われた感性を武器に、最適解を導き出す。 最近の悩みは娘が口をきいてくれないこと。

-栗東トレセン探訪録