2022年重賞レース一覧と日程【4月】 今週の重賞レース情報

4月17日 皐月賞

皐月賞の予想に役立つ傾向と過去データ

攻略ポイント

人気

1番人気は(3-1-1-5)と信頼度が高いとは言いづらく、19年から2連勝したものの21年はダノンザキッドが15着に惨敗しているようにつかみどころがない。
他の上位人気では2番人気が(2-3-0-5)と複勝率では1番人気と互角。一方で1,2番人気以上の複勝率を記録しているのが3番人気で(1-2-3-4)の成績。
上位人気はいずれも決め手に欠けるが、1~3番人気がまとめて馬券圏外に沈んだのは17,18年の2年のみと穴同士の決着を狙うのは難しい。

馬連平均は3749円だが、配当の振れ幅は大きく3連単で100万位以上の高配当がでたこともある。

前走

かつての王道ステップは弥生賞だったが、過去10年では(0-5-2-32)と未勝利。
直近の主力を形成するのは共同通信杯組で(5-0-2-8)の成績と先々のダービーを見据えて3歳初戦で東京コースの重賞を使い、ゆったりとしたローテで一冠目を目指す実績馬が好結果を出している。

スプリンターズステークス組は(2-1-3-33)で軽視はできないが、出走頭数を考えると信頼度は高くない。
他では(2-0-0-0)のホープフルステークス組が目立つが、2頭は共に無敗馬。

キラーアビリティーもジャスティンパレスも全幅の信頼までは置けないか。

共同通信杯組

好調だった16年以前と比較すると17年以降は3着が1回のみと低調な共同通信杯組だったが、直近の21年は3着以内に2頭が入線するなど復調気配。
同組は連続好走する傾向もあるので、軽視は禁物だろう。

同組は前走着順に注目すべきで本番での勝ち馬はすべて前走で2着以内だった。
ただし、3着に限れば前走5着以内でもOK。さらに細かく見ていくと、前走連対馬は(5-0-1-5)だが、デビューから連対を外していない馬は(5-0-1-2)とデビューからの戦績に取捨のヒントが隠されている。

キャリア

好走馬のキャリアは3~7戦でこれ以外のキャリアから3着以内に入った馬はいない。
なかでも3~5戦馬が圧倒的で主力を形成しており、キャリア6戦以上となると13年のロゴタイプのようなG1実績がある馬でないと厳しい。
主力を形成するキャリア3~5戦の馬はいずれも勝利数は3と互角だが、出走総数と比べて好走確率が高いのはキャリア3戦馬。

ここ2年はキャリア3,4戦の馬が3着以内を独占しており、キャリア5戦の馬が不振な傾向。

穴馬はトライアル組から

過去2年は8番人気が連続で好走しているが、この2頭に共通するのが、前々走4着→前走トライアル勝ちで、前走のトライアルでは単勝1倍台の人気馬を退けていた。
実績はあるのにフロック視されることで本番、人気を落とすトライアル勝ち馬はねらい目だ。

無料の競馬予想チャートを使って利益をGET!!

各種データ

人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
1番人気 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0% 30.0% 16.7%
2番人気 2-3-0-5 20.0% 50.0% 50.0% 20.0% 16.7%
3番人気 1-2-3-4 10.0% 30.0% 60.0% 10.0% 20.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0% 10.0% 13.3%
5番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0.0% 3.3%
7番人気 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0% 10.0% 3.3%
8番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0% 10.0% 16.7%
9番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0% 10.0% 6.7%
10番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0.0% 3.3%
13番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-9 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0-0-0-7 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

性別

項目 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
牡・セ 10-8-8-107 7.5% 13.5% 19.5% 100.0% 86.7%
0-2-2-19 0.0% 8.7% 17.4% 0.0% 13.3%

所属

項目 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
関東馬 2-6-5-80 2.2% 8.6% 14.0% 20.0% 43.3%
関西馬 8-4-5-46 12.7% 19.0% 27.0% 80.0% 56.7%
その他 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

前走

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
共同通信杯 5-0-2-8 33.3% 33.3% 46.7% 50.0% 23.3%
スプリング 2-1-3-33 5.1% 7.7% 15.4% 20.0% 20.0%
ホープフル 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7% 20.0% 6.7%
毎日杯 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0% 10.0% 3.3%
弥生賞 0-5-2-32 0.0% 12.8% 17.9% 0.0% 23.3%
若葉S 0-2-1-21 0.0% 8.3% 12.5% 0.0% 10.0%
朝日杯FS 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0% 3.3%
アーリント 0-1-0-1 0.0% 50.0% 50.0% 0.0% 3.3%
きさらぎ賞 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3% 0.0% 3.3%
京成杯 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0% 0.0% 3.3%
その他 0-0-0-28 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

枠順

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
1枠 2-0-0-17 10.5% 10.5% 10.5% 20.0% 6.7%
2枠 1-1-2-16 5.0% 10.0% 20.0% 10.0% 13.3%
3枠 0-1-1-18 0.0% 5.0% 10.0% 0.0% 6.7%
4枠 3-3-1-13 15.0% 30.0% 35.0% 30.0% 23.3%
5枠 0-1-2-17 0.0% 5.0% 15.0% 0.0% 10.0%
6枠 2-0-2-16 10.0% 10.0% 20.0% 20.0% 13.3%
7枠 1-3-0-23 3.7% 14.8% 14.8% 10.0% 13.3%
8枠 1-1-2-23 3.7% 7.4% 14.8% 10.0% 13.3%

脚質

脚質・上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
逃げ 0-1-1-12 0.0% 7.1% 14.3% 0.0% 6.7%
先行 3-5-4-20 9.4% 25.0% 37.5% 30.0% 40.0%
中団 7-2-5-62 9.2% 11.8% 18.4% 70.0% 46.7%
後方 0-2-0-49 0.0% 3.9% 3.9% 0.0% 6.7%
マクリ 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

無料で情報がもらえる血統にフォーカスした競馬情報サイトはこちら

出馬表

2022年 4月17日(日) 3回中山8日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第82回皐月賞
3歳・オープン・G1(定量)(牡・牝)(国際)(指定) 芝2000m (B)

調 馬名 性齢 斤量 替 騎手 調教師
1 1 ダノンベルーガ 牡3 57 *川田将雅 (美)堀宣行
1 2     アスクビクターモア 牡3 57 田辺裕信 (美)田村康仁
2 3       トーセンヴァンノ 牡3 57 *木幡巧也 (美)小桧山悟
2 4   キラーアビリティ 牡3 57 横山武史 (栗)斉藤崇史
3 5       グランドライン 牡3 57 三浦皇成 (美)高木登
3 6       ジャスティンロック 牡3 57 *戸崎圭太 (栗)吉岡辰弥
4 7     ボーンディスウェイ 牡3 57 石橋脩 (美)牧光二
4 8       ダンテスヴュー 牡3 57 *吉田隼人 (栗)友道康夫
5 9       サトノヘリオス 牡3 57 岩田望来 (栗)友道康夫
5 10 ジャスティンパレス 牡3 57 *M.デム (栗)杉山晴紀
6 11     オニャンコポン 牡3 57 菅原明良 (美)小島茂之
6 12     ドウデュース 牡3 57 武豊 (栗)友道康夫
7 13       ビーアストニッシド 牡3 57 *和田竜二 (栗)飯田雄三
7 14 ジオグリフ 牡3 57 *福永祐一 (美)木村哲也
7 15       ラーグルフ 牡3 57 丸田恭介 (美)宗像義忠
8 16     デシエルト 牡3 57 岩田康誠 (栗)安田隆行
B8 17       マテンロウレオ 牡3 57 横山典弘 (栗)昆貢
8 18 イクイノックス 牡3 57 ルメール (美)木村哲也

【特報!!】注目の競馬予想情報

先週の弥彦ステークスでは80万オーバーの的中!無料予想はこちらから

関係者コメント

馬名 馬コメント
1 1 ダノンベルーガ 右トモの引き上げが悪いのはこの馬の特性で、コーナーの走り、直線の手前変換などにはいろいろな要素があって、右回り云々の問題はない。
1 2 アスクビクターモア 直前は予定通りのラップ、内容で申し分のない動きでした。この中間は著しいパワーアップを感じるので、メンバーは揃うけど、これなら十分にやれると思っています。楽しみですね。
2 3 トーセンヴァンノ 先週の動きはもうひとつでしたが、あのひと追いが効いたようで、今週はいくらか動きが良くなりました。
2 4 キラーアビリティ 先週までと比べて、追い日はスッと反応しました。態勢は整ったと思います。気性から間隔が開いていても力を出せそう。
3 5 グランドライン 前走は3角で躓く場面があって、そこから走りがバラバラになってしまった。落鉄もしていたし、ちょっと厳しいレースだったね。
3 6 ジャスティンロック 2走目で上積みがありそう。それに中間はゲート駐立の練習をさせています。相手なりで手堅いタイプ。
4 7 ボーンディスウェイ 落ち着きが出て大人になってきたし、非常にいいデキとジョッキーも満足してくれたようですね。どんな展開でも対応できるように、操縦性の高さは強み。
4 8 ダンテスヴュー 前走で手応えは感じたので、間隔を十分開けてここ一本に絞って調整。ひと頃、成長のバランスがひと息でしたが、2歳時のいい頃の動きを取り戻しています。
5 9 サトノヘリオス 間隔が詰まってるし、テンションの面も考慮して13日は終いを伸ばす程度。これで十分です。前走時の状態をキープ。
5 10 ジャスティンパレス 詰めて使うほど精神面で成長していないので、賞金を加算してここを目標にできたのは大きい。前走で多頭数のレースを経験できたのも今回にプラスに出ると思います。
6 11 オニャンコポン 3月11日に山元トレセンから帰厩。その後の負荷が足りない印象だったので、先週重い坂路に入れて一番時計。
6 12 ドウデュース 結果は2着でも、前走は次につながる競馬でした。相変わらず調教はいい動き。体つきもシャープになってきました。
7 13 ビーアストニッシド 追い切りは坂路の入り口で難しい面を見せたので、ポリトラックに変更。動きは良かったですし、まったく影響はなさそうです。スタートで躓いた前走でも最後まで踏ん張ってくれたように、いい根性があります。
7 14 ジオグリフ 最終追い切りが非常にいい動きでした。乗り難しいタイプではありませんし、何よりあれだけのジョッキーですからテン乗りでも大丈夫でしょう。コーナー4つも経験しているので心配ないです。
7 15 ラーグルフ 前走は3角から包まれてブレーキ。不利に近いレースで力を出し切れなかったが、以前より落ち着きが出てきたのは何より。
8 16 デシエルト 追い日は折り合ってスムーズな動きでした。今回は中山への輸送が初めて。平常心でレースに挑めればと思います。相手は揃いますが、自分のペースで運べれば。
B8 17 マテンロウレオ 前走は悪い面が出てしまったかな。次走を見据えた仕上げでもあったし参考外。この中間からブリンカーを着けて攻めを強化。
8 18 イクイノックス まだ肉づきなどに良化の余地を残しますが、体の張りや毛ヅヤはいいです。これが現状での体つきだと思います。

血統表

馬名 母父
1 1 ダノンベルーガ ハーツクライ コーステッド Tizway
1 2 アスクビクターモア ディープインパクト カルティカ Rainbow Quest
2 3 トーセンヴァンノ ヴァンキッシュラン トーセンソニア ファンタスティックライト
2 4 キラーアビリティ ディープインパクト キラーグレイシス Congaree
3 5 グランドライン ドゥラメンテ グランシャルム Dylan Thomas
3 6 ジャスティンロック リオンディーズ フラワーロック アッミラーレ
4 7 ボーンディスウェイ ハーツクライ ウィンドハック Platini
4 8 ダンテスヴュー キングカメハメハ クロウキャニオン フレンチデピュティ
5 9 サトノヘリオス エピファネイア エアマグダラ サンデーサイレンス
5 10 ジャスティンパレス ディープインパクト パレスルーマー Royal Anthem
6 11 オニャンコポン エイシンフラッシュ シャリオドール ヴィクトワールピサ
6 12 ドウデュース ハーツクライ ダストアンドダイヤモンズ Vindication
7 13 ビーアストニッシド アメリカンペイトリオット マオリオ ネオユニヴァース
7 14 ジオグリフ ドレフォン アロマティコ キングカメハメハ
7 15 ラーグルフ モーリス アバンドーネ ファルブラヴ
8 16 デシエルト ドレフォン アドマイヤセプター キングカメハメハ
B8 17 マテンロウレオ ハーツクライ サラトガヴィーナス ブライアンズタイム
8 18 イクイノックス キタサンブラック シャトーブランシュ キングヘイロー

データ予想

◎キラーアビリティー
○ダノンベルーガ
▲ドウデュース
△アスクビクターモア
△ジャスティンパレス
△ジャスティンロック
△デシエルト
△ビーアストニッシド

ガガガ競馬編集部 本紙の予想

◎イクイノックス

東京スポーツ杯2歳ステークスでは、ラスト3ハロン11.0-11.9-11.4という異質なレースラップの中、3ハロン32.9の脚で伸びてきた。
最後の150メートル地点で手前を替えると再加速し、桁違いの脚力を見せつけた。5カ月の休み明け、初の右回りと課題は多いが、1週前追切では鞍上のルメール騎手がG1級の素質と絶賛する逸材。
最大目標はダービーだが、能力の高さでは抜けた存在ではなかろうか。


うまとみらいと

好調教馬


◎ダノンベルーガ
◎ボーンディスウェイ
◎ジャスティンパレス
◎ジオグリフ
◎イクイノックス
▽メインレースの好調教馬の見解はこちら▽

参考レース

  • この記事を書いた人

ガガガ競馬編集部

完全無料で競馬予想を公開している『ガガガ競馬』の管理人です。更新情報や競馬のお役立ち情報を発信していきます。重賞データ分析なども豊富です。よろしくお願い致します!

-2022年重賞レース一覧と日程【4月】, 今週の重賞レース情報