小倉競馬場 ダートコース別データ 枠順の有利不利と適性脚質

小倉ダート1000m
小倉ダートコースで唯一の短距離戦だが、組まれているレースは未勝利戦と500万クラスがほとんど。スタート直後の下り坂を利して、テンからかなり速いスピードが出る。ほぼ行ったもの勝ちで、人気の逃げ~先行馬がそのままなだれ込む展開が多い。差し馬はかなり不利。追い込み馬は3着すら厳しい。枠順は中枠が理想。仮に大外枠を引いても問題はなく、むしろ内枠で先行できずに包まれてしまう方が怖い。
小倉ダート1700m
小倉のダート競走の中心舞台で、重賞以外はどのクラスでもレースが組まれている。スタート直後から各馬は飛ばしてポジションを取りに行く。前半500mぐらいは速いペースとなる。直後の1ハロンでペースが落ち、その後は一定のペース。全体的には淀みない流れで、ラストの上がりはかかりがち。逃げ~先行馬はほぼ互角の成績。差し馬の連対率は逃げ~先行馬の1/3ほどに下がり、追い込み馬はもっと厳しい。序盤のポジションが後ろの馬はマクれないとダメ。要は4コーナーでは好位にいなければならない。乱ペースになることも多く、マクリは結構決まる。
枠順は大外枠が不利。人気を背負った強い馬でも大外枠を引いた場合は、苦しい競馬になる。最内も諸刃の剣で、中枠が一番無難。
小倉ダート2400m
通常は古馬500万クラスでのみ組まれているマイナーな条件。スタート直後はある程度流れて各馬ポジション取り。一周目のスタンド前直線に差し掛かるところでペースが落ち着き、さらに1~2コーナーの坂の上りでまたペースが落ちる。2周目の向正面の半ばからピッチが上がり、あとは追い比べ。よって、前半と後半の3ハロンがキッチリ速くなっている。
しかし、最後は各馬脚が上がってしまうので、決め手勝負にはならない。なだれ込む感じのレースで、スタミナが要求される。1700mと同様、逃げ~先行馬が優勢。勝負どころで後方に位置していては勝負にならない。前半は後方待機でもマクる必要がある。中央場所のダート長距離の実績はあまり関係ない。芝の長丁場で詰めが甘かったようなタイプが、コース替わりで一変するのも特徴。平場戦がほとんどなので、減量騎手の一発にも注意したい。
枠順は中枠が無難。