▽無料でトレセンの極秘情報をGET!!▽

SHUNの競馬予想

【東京新聞杯】予想アプローチ 2023年の馬場傾向に注目

先週の芝コースでのレースで馬券に絡んだ30頭中、4コーナーで2桁番から馬券に絡んだ馬は2頭のみと圧倒的に先行馬有利の傾向で内の経済コースを通った馬の好走が目立っていました。

開幕週に加え、凍結防止のために散水ができないことで通常の東京開催の芝コースよりも軽い状態です。もちろん同時期に東京開催が行われているので、2022年、2021年も馬場は軽い状態に変わりはありませんでした。

しかし、2022,2021年は外枠の差し馬の好走が目立っていましたし、実際に東京新聞杯では4コーナー2桁番手の馬が連対していました。

東京新聞杯の過去10年のデータからは中団から差してきた馬が6勝と差し馬優勢に見えます。しかし、ここまで顕著にイン、先行有利の傾向がでている今年は、そのデータを鵜呑みにするのは危険なのではないでしょうか?

当然、枠順を見てから最終的な結論を出すことにはなりますが、現状、注目しているのはプレサージュリフト。

先行有利の馬場歓迎のプレサージュリフト

前走はこれまでの脚質と異なり先行して4番手からの競馬。粘って3着の着順ですが、逃げ、先行2,3番手の馬は 16,14,15着に大敗しており先行馬には苦しい流れだったと言えます。その中での粘りは評価できるでしょう。

そもそもプレサージュリフトは東京の新馬戦で33.3の脚を使って快勝。2歳牝馬では破格の数字でしたし、その日の古馬OPも含めた全馬の中でも上がり最速という素質の高さをデビュー時から示していました。その後、クイーンカップを連勝、オークスでも5着に好走しているように東京コースは歓迎のクチ。先行有利の馬場を生かせればおのずと結果はついてくるはずです。

無料で稼げる競馬予想サイト

1

日刊競馬9

美浦・栗東で取材した関係者情報をもとに完全無料で見解と買い目を公開

無料で予想をもらう
2

BAXIS

今週は阪神JFの予想を無料で公開! 話題の新競馬サイトの勢いに乗ろう!

無料で予想をもらう
3

リホラボ

先週の元町ステークスは100万円オーバーの払い戻し!
今週は阪神JFの予想を無料で公開!

無料で予想をもらう
  • この記事を書いた人

馬券師SHUN

-SHUNの競馬予想