2022年重賞レース一覧と日程【4月】 今週の重賞レース情報

4月10日 桜花賞

桜花賞の予想に役立つ傾向と過去データ

攻略ポイント

人気

1番人気(1-3-1-5)で好走が17年以降に集中していることから以前より信頼度は上昇傾向。

注目は2番人気で(5-3-0-2)の成績。18年から4連勝中で馬券に絡まなかったのは過去10年で2回と優秀な成績。
3番人気も(1-1-3-5)とそこそこの成績で上位人気は力通りに走る傾向にある。

人気薄で馬券に絡むのは8番人気までで、2桁人気は13年3着のプリンセスジャックを最後に馬券に絡んでいない。

馬連平均配当は3801円で万馬券1回に対して3桁配当が4回。
直近の3連単10万円越15年となっており無理な穴狙いは厳しい傾向にある。

前走

12~16年に連勝をしているチューリップ賞組が(5-7-6-29)で17年以降は勝利こそないものの、好走馬は輩出しており王道ステップではあることに違いはない。

ただし、フィリーズレビュー組は(1-0-2-49)、アネモネステークス組(0-0-0-23)と他のトライアル組は凡走が多く狙いづらい。

21年のワンツー決着で信頼度をあげる阪神JF組が(1-2-0-2)と年明けで叩き無しで直行組の成績が良い。
外厩などを利用したノーザン、社台系の馬たちの好走が目立つ。

他ではシンザン記念、朝日杯組がともに(1-0-0-1)の成績だが、18年のアーモンドアイ、19年のグランアレグリアが勝利しており、飛びぬけた素質が必要だ。

チューリップ賞組

チューリップ賞がG2に昇格された18年以降は勝利がなく、21年には10年ぶりに馬券圏内から消えたが、それでも3着以内30頭中18頭を占める一大勢力。
前走1番人気(2-4-1-3)、2番人気(2-2-1-3)は高確率で好走するが、3番人気以下だと(1-1-4-12)と信頼度はイマイチ。

同舞台の阪神JF組とチューリップ賞組の決着タイムの比較では、前年、阪神JF組が0秒7早かった21年はチューリップ賞組が全滅。
0秒6早かった20年は2~4着に好走しているように、阪神JFと比較して0秒7以上の時計がかかっているとチューリップ賞組の信頼度は大きく低下する。

今年は、阪神JFが1分33秒8でチューリップ賞が1分33秒2とチューリップ賞の方が時計が早く、近年信頼度が低下しているチューリップ賞組も今年は主力路線であることは間違いない。

レース間隔

4連勝中の非トライアル組の勢いから、かつての王道ローテだった、トライアル→本番という臨戦過程以外も注意を図る必要がある。
以前はレース間隔が開くことで割引という考え方が有力だったが、アーモンドアイは中12週、グランアレグリアは中15週と余裕のあるローテだった。

中10週以上の馬は(3-2-1-10)であるのに対して、主要トライアル組の中4週組は(5-7-6-29)と中10週以上の馬の方が連対率が高い傾向にある。

穴馬は逃げ・先行馬から

06年の馬場改修から07年以降は逃げ、先行馬の台頭も見られるようになり、15年5番人気で1着のレッツゴードンキは逃げ切り勝ち。20年の9番人気スマイルカナはハイペースを逃げ粘って3着。
人気薄の穴狙いなら、逃げ、先行馬の前残りがねらい目になる。

無料の競馬予想チャートを使って利益をGET!!

各種データ

人気

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
1番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0% 10.0% 16.7%
2番人気 5-3-0-2 50.0% 80.0% 80.0% 50.0% 26.7%
3番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0% 10.0% 16.7%
4番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0% 0.0% 3.3%
5番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0% 10.0% 6.7%
6番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0.0% 3.3%
7番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0% 10.0% 10.0%
8番人気 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0% 10.0% 10.0%
9番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0.0% 3.3%
10番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
11番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0% 0.0% 3.3%
15番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

所属

項目 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
関東馬 3-1-5-55 4.7% 6.3% 14.1% 30.0% 30.0%
関西馬 7-9-5-93 6.1% 14.0% 18.4% 70.0% 70.0%
その他 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

前走

前走レース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
チューリッ 5-7-6-29 10.6% 25.5% 38.3% 50.0% 60.0%
阪神JF 1-2-0-2 20.0% 60.0% 60.0% 10.0% 10.0%
フィリーズ 1-0-2-49 1.9% 1.9% 5.8% 10.0% 10.0%
朝日杯FS 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0% 10.0% 3.3%
シンザン記 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0% 10.0% 3.3%
エルフィン 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0% 10.0% 3.3%
クイーンC 0-1-1-16 0.0% 5.6% 11.1% 0.0% 6.7%
フェアリー 0-0-1-3 0.0% 0.0% 25.0% 0.0% 3.3%
その他 0-0-0-43 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

枠順

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
1枠 0-1-2-16 0.0% 5.3% 15.8% 0.0% 10.0%
2枠 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8% 10.0% 10.0%
3枠 1-1-0-18 5.0% 10.0% 10.0% 10.0% 6.7%
4枠 2-1-0-17 10.0% 15.0% 15.0% 20.0% 10.0%
5枠 3-0-4-13 15.0% 15.0% 35.0% 30.0% 23.3%
6枠 0-2-1-17 0.0% 10.0% 15.0% 0.0% 10.0%
7枠 2-2-1-25 6.7% 13.3% 16.7% 20.0% 16.7%
8枠 1-3-0-26 3.3% 13.3% 13.3% 10.0% 13.3%

脚質

脚質・上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 1着シェア 3内シェア
逃げ 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0% 10.0% 6.7%
先行 3-3-0-31 8.1% 16.2% 16.2% 30.0% 20.0%
中団 3-3-8-68 3.7% 7.3% 17.1% 30.0% 46.7%
後方 3-4-1-41 6.1% 14.3% 16.3% 30.0% 26.7%
マクリ 0-0-0-0 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0.0%

無料で情報がもらえる血統にフォーカスした競馬情報サイトはこちら

出馬表

2022年 4月10日(日) 2回阪神6日目 18頭 [15:40発走]
【11R】  第82回桜花賞
3歳・オープン・G1(定量)(牝)(国際)(指定) 芝1600m・外 (B)

調 馬名 性齢 斤量 替 騎手 調教師
1 1   ナムラクレア 牝3 55 浜中俊 (栗)長谷川浩
1 2     カフジテトラゴン 牝3 55 古川吉洋 (栗)武英智
2 3       アルーリングウェイ 牝3 55 藤岡佑介 (栗)藤岡健一
2 4       パーソナルハイ 牝3 55 *吉田豊 (栗)矢作芳人
3 5     ピンハイ 牝3 55 高倉稜 (栗)田中克典
3 6   ウォーターナビレラ 牝3 55 武豊 (栗)武幸四郎
4 7     サブライムアンセム 牝3 55 *岩田望来 (栗)藤原英昭
4 8   スターズオンアース 牝3 55 *川田将雅 (美)高柳瑞樹
5 9       クロスマジェスティ 牝3 55 武藤雅 (美)水野貴広
5 10     ライラック 牝3 55 *福永祐一 (美)相沢郁
6 11   ラブリイユアアイズ 牝3 55 *坂井瑠星 (美)黒岩陽一
6 12     ベルクレスタ 牝3 55 *吉田隼人 (栗)須貝尚介
7 13       ラズベリームース 牝3 55 *池添謙一 (美)林徹
7 14 プレサージュリフト 牝3 55 戸崎圭太 (美)木村哲也
7 15 アネゴハダ 牝3 55 *幸英明 (栗)佐々木晶
8 16   サークルオブライフ 牝3 55 M.デム (美)国枝栄
8 17   フォラブリューテ 牝3 55 ルメール (美)宮田敬介
8 18   ナミュール 牝3 55 横山武史 (栗)高野友和

【特報!!】注目の競馬予想情報

先週のエルムステークスでは30万円超の払い戻し!無料予想はこちらから

関係者コメント

馬名 馬コメント
1 1 ナムラクレア 状態に関しては今までで一番と言えますね。
1 2 カフジテトラゴン 久しぶりの芝ですが、スピードがあり、適性は感じています。先行して、どこまで踏ん張ってくれるかですね。
2 3 アルーリングウェイ 前走後は放牧を挟んでここ目標に調整。1週前にしっかり追い切ってピリッとしてきましたし、水曜もいい動き。
2 4 パーソナルハイ スタートがひと息で控える形になりましたが、最後は脚を伸ばしてきたし、収穫はありましたね。
3 5 ピンハイ 前走は初戦同様に後ろからの競馬になりましたが、狭いところを割って伸びてきて、いい根性を見せてくれました。
3 6 ウォーターナビレラ スタートさえ普通に出れば、器用に立ち回れる馬。流れに左右されることはないだろうし、状態に関しても文句なし。楽しみにしている。
4 7 サブライムアンセム センスがいいので、それがアドバンテージになればと思っている。良馬場でしっかり走れると思うし、いい走りを。
4 8 スターズオンアース 中間からハミを換えて調整していますが、ジョッキーは追い切りで感触を掴んでくれたし、レースまでに修正できればと思っています。
5 9 クロスマジェスティ アネモネSの勝ちっぷりは良かったけれど、1勝馬同士の組み合わせでしたし、相手強化の今回は試金石になる。
5 10 ライラック 今週としっかり攻められたし、体も10キロ以上増えていて凄く具合がいい。あとは直前輸送をうまくクリアできれば。
6 11 ラブリイユアアイズ スケールは変わっていなくても、中身は確実に成長しているのでレースが楽しみです。
6 12 ベルクレスタ 今回はGⅠで相手が揃うけど、スムーズに運べれば。
7 13 ラズベリームース トップスピードを長く持続できることがストロングポイント。この舞台は合いそうなので、どれだけやれるか楽しみ。
7 14 プレサージュリフト あとは初コースと長距離輸送ですね。普段からどっしりしているので崩れる印象はありませんが。
7 15 アネゴハダ 今週はいい時計が出たし、良かった頃の感じに近づいてきている。
8 16 サークルオブライフ 前走はレース前からいつになくナーバスだったし、道中で位置を取りにいって甘くなってしまった。
8 17 フォラブリューテ 中間は放牧を挟んでの調整で馬体は少し増えているし、2週続けてWコースで追えたように成長も感じます。
8 18 ナミュール 体は少し減るかもしれませんが、筋肉が落ちずに研ぎ澄まされてきたかと。それに追い切ったあとはジョッキー騎乗でゲート駐立の確認を。

血統表

馬名 母父
1 1 ナムラクレア ミッキーアイル サンクイーン2 Storm Cat
1 2 カフジテトラゴン キズナ カフジジュエル Dalakhani
2 3 アルーリングウェイ ジャスタウェイ アルーリングライフ フレンチデピュティ
2 4 パーソナルハイ ディープインパクト パーソナルダイアリー City Zip
3 5 ピンハイ ミッキーアイル レイテッド ジャングルポケット
3 6 ウォーターナビレラ シルバーステート シャイニングサヤカ キングヘイロー
4 7 サブライムアンセム ロードカナロア パストフォリア シンボリクリスエス
4 8 スターズオンアース ドゥラメンテ サザンスターズ Smart Strike
5 9 クロスマジェスティ ディーマジェスティ テンザンコノハナ カリズマティック
5 10 ライラック オルフェーヴル ヴィーヴァブーケ キングカメハメハ
6 11 ラブリイユアアイズ ロゴタイプ オープンユアアイズ ヴィクトワールピサ
6 12 ベルクレスタ ドゥラメンテ ベルアリュール2 Numerous
7 13 ラズベリームース ルーラーシップ ワイルドラズベリー ファルブラヴ
7 14 プレサージュリフト ハービンジャー シュプリームギフト ディープインパクト
7 15 アネゴハダ キズナ イニシャルダブル ウォーエンブレム
8 16 サークルオブライフ エピファネイア シーブリーズライフ アドマイヤジャパン
8 17 フォラブリューテ エピファネイア ブルーメンブラット アドマイヤベガ
8 18 ナミュール ハービンジャー サンブルエミューズ ダイワメジャー

データ予想

◎ラブリイユアアイズ
○サークルオブライフ
▲ナミュール
△ナムラクレア
△プレサージュリフト
△ライラック
△アルーリングウェイ

ガガガ競馬編集部 本紙の予想

◎ナミュール
チューリップ賞では本来のキレ味を存分に生かす競馬で差し切った。
直線窮屈な場面から外へ持ち出すと鋭い脚で伸びてきた。

阪神JFでは出遅れてインをつく競馬である程度の恰好はつけたが、スムーズであれば差し切っていたであろう内容。
能力は非常に高く、注目だ。


うまとみらいと

好調教馬


◎カフジテドラゴン
◎ウォーターナビレラ
◎スターズオンアース
◎プレサージュリフト
◎アネゴハダ
◎サークルオブライフ
◎フォラブリューテ
▽メインレースの好調教馬の見解はこちら▽

参考レース

  • この記事を書いた人

ガガガ競馬編集部

完全無料で競馬予想を公開している『ガガガ競馬』の管理人です。更新情報や競馬のお役立ち情報を発信していきます。重賞データ分析なども豊富です。よろしくお願い致します!

-2022年重賞レース一覧と日程【4月】, 今週の重賞レース情報