社畜猫の一撃予想

【札幌記念】ソダシとハヤヤッコの白毛対決!!2頭の特徴と見解

今年の札幌記念はソダシとハヤヤッコの2頭の白毛馬が出走予定で「白毛対決」として注目を集めています!

ガガガ競馬では、この白毛対決を徹底解説!!それぞれの馬の特徴と札幌記念における見解をガガガ競馬予想家である社畜猫さんへ解説していただきます!

そもそも白毛対決がなぜ盛り上がるのか

競走馬の毛色は、

鹿毛(かげ)・黒鹿毛(くろかげ)・青鹿毛(あおかげ)・青毛(あおげ)・栗毛(くりげ)・栃栗毛(とちくりげ)・芦毛(あしげ)・白毛(しろげ)の全部で8種類あります。

白毛のアオラキ

中でも白毛というのは突然変異から生まれた毛色で非常に珍しい毛色になります。両親のいずれかが白毛であれば、遺伝をする可能性は非常に高いのですが、通常の出現率は0.04%以下と言われています。

2022年8月14日現在のJRA所属馬で現役の白毛馬はわずか、7頭しかいません。その中の2頭が同じ重賞で走るということは非常にレアでそうそうあることではありませんが、今年の札幌記念では白毛のソダシとハヤヤッコの対決が実現します!

アオラキ
ハイアムズビーチ
ダノンハーロック
ソダシ
ハヤヤッコ
ブッチーニ
ソロニイ
現役の白毛馬

ソダシの特徴と見解

昨年の勝ち馬ソダシ
社畜猫
それでは、まず昨年の勝ち馬であるソダシから戦績の解説と今年の見解を述べていきます!

ソダシの戦績

年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手名負担重量馬体重タイム1着馬(2着馬)
2022年5月15日東京ヴィクトリアGⅠ芝16001841吉田 隼人5547601:32.(ファインルージュ)
2022年2月20日東京フェブラリーGⅠダ16001643吉田 隼人5547601:34.カフェファラオ
2021年12月5日中京チャンピオンGⅠダ180016212吉田 隼人5447001:52.テーオーケインズ
2021年10月17日阪神秋華賞GⅠ芝200016110吉田 隼人5547402:02.アカイトリノムスメ
2021年8月22日札幌札幌記念GⅡ芝20001321吉田 隼人5247202:00.(ラヴズオンリーユー)
2021年5月23日東京優駿牝馬GⅠ芝24001818吉田 隼人5547202:25.ユーバーレーベン
2021年4月11日阪神桜花賞GⅠ芝16001821吉田 隼人5547201:31.(サトノレイナス)
2020年12月13日阪神阪神JFGⅠ芝16001811吉田 隼人5447201:33.(サトノレイナス)
2020年10月31日東京アルテミスSGⅢ芝16001611吉田 隼人5447601:35.(ククナ)
2020年9月5日札幌札幌2歳SGⅢ芝18001421吉田 隼人5447401:48.(ユーバーレーベン)
2020年7月12日函館2歳新馬芝1800731吉田 隼人5447201:50.(ギャラントウォリア)
ソダシの戦績

ソダシは父クロフネ、母ブチコ、母父キングカメハメハの4歳馬で阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞、ヴィクトリアマイルの3つのG1を制している4歳牝馬です。

昨年の札幌記念では向こう正面で先頭に立つとそのまま押し切っての勝利。その後、ブリーダーズカップフィリー&メアターフ、香港カップを勝利するラヴズオンリーユーを抑えて勝利しており、価値のある勝利と言えます。

その後の秋華賞では10着に敗れていますが、これは後程、敗因を解説します。

その後のチャンピオンズカップは初のダート出走かつ牡馬ダートの一線級と戦うことになり、さすがに3歳牝馬では厳しい結果となりました。年明けのフェブラリーステークスではダート2戦目で3着に好走し、春はG1ヴィクトリアマイルを制しています。

今年の札幌記念での評価

社畜猫
結論から言うと、今年の札幌記念でのソダシを評価することは難しいです。

えっ、昨年勝利しているのに何で??と思う方も多いと思います。確かに同舞台かつ、G1馬を抑えての昨年の勝利は価値のある1戦に見えます。しかし、昨年の勝利は圧倒的な内・先行馬有利のトラックバイアス、前が止まらない傾向にあったことを加味しなければいけません。

また、クロフネ産駒の特徴として2,000m以上の距離について考える必要があります。

クロフネ産駒はの芝コースにおけるベストパフォーマンスは1,200~1,600mの距離と言えます。2,000mでも成績の字面上はそれほど悪くはないのですが、気になるのは重賞での距離実績です。

実は芝2,000m以上の重賞でクロフネ産駒が勝利したことがあるのは、過去1度だけしかありません。それは昨年のソダシの札幌記念のみです。

これについては、ソダシはG1を3つも制する能力が高い馬なので、過去のデータには当てはまらない、規格外の名馬と解釈することもできなくはないのですが、芝2,000m以上の重賞へのクロフネ産駒の出走回数は本日現在で131回あり無視はできないデータ母数ではないでしょうか。

ましてや昨年は、展開の利を持って勝利したことを考えると今年も続けてうまくいくとは考えにくく、昨年よりもパフォーマンスが落ちると考えるのが良いのではないでしょうか。実際に昨年の秋華賞もピタッと止まるような恰好で、距離による敗因の可能性は高いと考えます。

ハヤヤッコの特徴と見解

函館記念を勝利したハヤヤッコ
社畜猫
続いて今年の函館記念の勝ち馬、ハヤヤッコの戦績解説と今年の見解を述べていきます!

ハヤヤッコの戦績

年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手名負担重量馬体重タイム1着馬(2着馬)
2022年7月17日函館函館記念GⅢ芝20001671浜中 俊5748002:04.(マイネルウィルトス)
2022年5月1日阪神天皇賞(春)GⅠ芝3200稍重181115武 豊5847603:21.タイトルホルダー
2022年3月26日中山日経賞GⅡ芝2500稍重15135大野 拓弥5648402:36.タイトルホルダー
2022年1月23日中京東海SGⅡダ180016914池添 謙一5649801:54.スワーヴアラミス
2021年12月28日阪神ベテルギウスリステッドダ18001699坂井 瑠星5949401:53.アイオライト
2021年10月24日東京ブラジルCリステッドダ21001634内田 博幸57.548402:10.グレートタイム
2021年10月2日中京シリウスSGⅢダ190016610田辺 裕信57.548801:59.サンライズホープ
2021年6月19日東京スレイプニルダ21001651田辺 裕信5848202:08.(バンクオブクラウズ)
2021年5月9日東京ブリリアントリステッドダ21001628田辺 裕信5748002:11.ヒロイックテイル
2021年3月28日中山マーチSGⅢダ1800稍重1645三浦 皇成5748001:52.レピアーウィット
2021年3月7日中山総武Sダ18001633田辺 裕信5848601:54.ナムラカメタロー
2021年1月24日中京東海SGⅡダ1800不良1536田辺 裕信5648801:50.オーヴェルニュ
2020年10月25日東京ブラジルCリステッドダ21001121田辺 裕信5647402:09.(グレートタイム)
2020年9月20日中山ラジオ日本賞ダ18001625内田 博幸5747201:52.レピアーウィット
2020年8月29日新潟BSN賞リステッドダ18001053田辺 裕信5647201:51.ロードブレス
2020年6月27日東京アハルテケSダ1600稍重13810田辺 裕信5846801:37.アシャカトブ
2020年5月23日京都平安SGⅢダ1900141112斎藤 新5747401:58.オメガパフューム
2020年3月8日中山総武Sダ18001632L.ヒューイットソン5748001:53.メイショウワザシ
2020年2月8日京都アルデバランダ190016310川田 将雅5648201:59.ロードレガリス
2020年1月12日中山ポルックスSダ18001532O.マーフィー5648201:53.スワーヴアラミス
2019年8月4日新潟レパードSGⅢダ180015101田辺 裕信5646601:51.(デルマルーヴル)
2019年5月12日東京青竜Sダ16001268武 豊5646401:38.デュープロセス
2019年3月23日中山3歳500万下ダ18001621武 豊5646801:54.(ゴルトマイスター)
2019年3月3日中山3歳500万下ダ1800稍重1032武 豊5647001:55.マドラスチェック
2019年1月26日東京3歳500万下ダ16001422O.マーフィー5646601:39.リープリングスター
2018年11月17日京都もちの木賞ダ18001034浜中 俊5546001:53.ノーヴァレンダ
2018年10月20日東京アイビーS芝18001048C.ルメール5545601:49.クロノジェネシス
2018年8月5日新潟2歳未勝利芝18001011C.ルメール5445201:49.(アトミックフォース)
2018年6月24日東京2歳新馬芝18001433三浦 皇成5444401:51.アンブロークン
ハヤヤッコの戦績

ハヤヤッコは芝デビュー後、3戦してダート路線へ転向しました。重賞G3レパードステークスを勝利するなど活躍をし、3走前から再び芝へ転向。前走、函館記念を勝利して重賞2勝目を飾りました。ソダシとはいとこ同士で共に金子真人オーナーの所有馬。札幌記念で白毛対決となりました。

今年の札幌記念での評価

社畜猫
ハヤヤッコは馬場によってはチャンスはありそうですが、メンバー的に厳しいと思います。

前走の函館記念は自信が芝で出したパフォーマンスの中で最も高いパフォーマンスだったことは間違いありません。状態の良さ、馬場適性が結果へとつながりました。前走は重馬場で時計のかかる馬場だったことで脚の遅さをカバーすることができました。

キングカメハメハ産駒自体は成長力のある血統で6歳となったハヤヤッコには衰えを感じません。これ以上の成長を求めるのは苦ですが、一週前追切の内容からも好調状態が維持できているようです。

しかし、函館記念よりも一気のメンバー強化は避けられない様相で、パンサラッサ、グローリーヴェイズ、ジャックドール、ユーバーレーベンなど芝の一線級との真っ向勝負では分が悪く、実績的に強調はできません。馬場が渋って適度に時計がかかれば掲示板圏内くらいなら好走できるかもといったところです。

社畜猫
ただ、個人的にはソダシかハヤヤッコなら、ハヤヤッコの方が札幌記念においては向いていると思います。

まとめ

社畜猫
結論、札幌記念ではソダシとハヤヤッコ、白毛馬の比較では、条件的にハヤヤッコの方が向くと考えています。

何はともあれ、JRAで現役7頭しかいない白毛馬が重賞で一緒に走る機会はそうそうないので、札幌記念を思いっきり楽しみましょう!

ガガガ競馬では札幌記念の予想に役立つ傾向と過去データを公開しています!予想の参考にご活用ください!

参考8月21日 札幌記念

札幌記念の予想に役立つ傾向と過去データ 攻略ポイント 人気 1番人気が(0-5-3-2)と勝っていないものの複勝率は80%は優秀。それを補うように2番人気(5-0-1-4)の複勝率が高い。3番人気(1 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

社畜猫

馬券予想は指数派。 アイコンはアロースタッドの猫。 年間回収率100%超、JRA全場で"新潟”以外回収率100%超えを果たした珍しい人(猫) 三連単3着付けを中心としたフォーメーションが得意。 座右の銘は「3着を制する者は、すべてを制する」

-社畜猫の一撃予想