▽無料で競馬関係者の情報をGET!!▽

社畜猫の一撃予想

【京都記念】凱旋門賞からのドウデュースは買い!?エフフォーリアの復活を信じるのか!?

今週から開催された阪神競馬場で行われる京都記念。土曜の競馬を見る限り圧倒的に内枠、先行馬有利で前が止まらない馬場になっている。

脚質的に後ろから行く馬は危険で、人気薄の先行馬の前残りに警戒したい。今回のポイントは、凱旋門賞からの臨戦となるドウデュースと有馬記念で復調気配を示しているエフフォーリアが来るのか?というところ。それぞれのポイントを整理しておきたい。

ドウデュースは先行もできるが、、、

無理をしない競馬を選択するであろう武豊騎手

ドウデュースダービーの記憶から、差し、追い込み脚質のイメージがついているが、弥生賞では先行して2着。のちの菊花賞馬であるアスクビクターモアと差のない競馬をしていた。先行も問題なく、名手武豊騎手もポジション取りは前よりに取ると考えられる。

一方で懸念なのは凱旋門賞帰りということ。

ドウデュースよりも着順が上だった、タイトルホルダー、ディープボンドは次走の有馬記念を大敗。極悪馬場での疲れが抜けきれていないことが要因の可能性もあり、ドウデュースの体調面は気がかりだ。

その他にも懸念事項としては、武豊騎手はG1の前哨戦やステップ(叩き)に出走する際はメイチで追うことはなく意図的に2,3着と取る傾向にある。楽をさせて次走へおつりを残したいが、格好もある程度つけた着順へ抑える。ドウデュースはこのあとドバイへの参戦が示されており、ここは叩きに違いはない。

以上のことからドウデュースの勝利への期待は低く、2,3候補。疲れがあれば着外まで考えたい。

エフフォーリアの復活はあるのか?

阪神コースでも見直せるエフフォーリア

こちらについては阪神圏への競馬で全く成績が出ていないことが気になる。陣営は輸送後に間隔が空くと馬が怠けてしまうことを理由に挙げており、今回は前乗りで栗東へ移動し、当日輸送で阪神競馬場へ臨む。

前走は半年ぶりの競馬で有馬記念5着なら上々の走りで、叩いて上昇傾向、前乗りがうまくハマれば関東圏と同様のパフォーマンスを出せる可能性もあり前走よりはプラスの評価をしたい。それでも関西圏はダメだったよね・・・の可能性も0ではないので不動の本命とまではいえないが、ドウデュースよりかは買いやすい印象だ。

最終結論

以上の理由からエフフォーリアの方を軸に据える。有馬記念では5番手から競馬をしているように先行する形でも問題なく、今の馬場にはフィットすると考える。相手はプラダリア。ドウデュースのダービーで5着に敗れているものの、青葉賞からのローテは厳しく健闘したと言える。

その後、体調が整わず時間を要したが、前走で復調気配。ここで狙いたい。

三連単 10-1.4.5.6.7.9.12-8

三連単 1.4.5.6.7.9.12-10-8

これで勝負したい。

無料で稼げる競馬予想サイト

1

競馬ラボ

春のG1を連続的中!確変中アンカツの予想を無料で公開!

無料で予想をもらう
2

BAXIS

先週はヴィクトリアマイルで91万円超えの的中!
話題の競馬サイトの勢いに乗ろう!

無料で予想をもらう
3

リホラボ

先週は京都ハイジャンプで約30万円の払い戻し!
今週はオークス(G1)の予想を無料で公開!

無料で予想をもらう
  • この記事を書いた人

社畜猫

馬券予想は指数派。 アイコンはアロースタッドの猫。 年間回収率100%超、JRA全場で"新潟”以外回収率100%超えを果たした珍しい人(猫) 三連単3着付けを中心としたフォーメーションが得意。 座右の銘は「3着を制する者は、すべてを制する」

-社畜猫の一撃予想